May 25, 2012

dawn of something / six o'minus

meimeimei_anime
何事もなかったかのように再開します。

ほぼ1年間ブログを書いていなかった理由っていうのは本当に特にないと言えばないんだけど、強いて言えばTwitterがある程度日記としての機能を備えてしまっているのでっていうことがほぼ全て。Twilog見ればブログ的な補完もできるし、段々遠ざかっていってしまった。
では何故再開するのかといえば、ちょっとした理由があってsix o'minusの過去のスタジオテイクやライブなんかの音源を聴き漁ってて、曲名が分からない未発表音源が出てきた時に過去の日記を見たらその辺のことが全部記録として残っていて、ああ何気ない日常を無駄に詳細に書き記しておくっていう行為にも意味があるんだなと強く感じたのが理由です。できるだけこまめに書いていきたい。

この1年間で大きく変わった僕のステータスと言えば、GROUNDCOVER.への加入かと思う。昨年の10月からメンバーとしての活動を開始した訳だが、この辺の経緯については長くなるのでまた折を見て。
ちなみに現在は主に鶯谷のはーちゃんの家こと鶯谷未来ガジェット研究所(自称)を棲家として愉快な毎日を送っております。本日現在の職場は秋葉原。

日記的なことは今週末が過ぎてからだと色々書くことがあって面白そうなので、また来週にします。

で、いきなりですが告知。
どれだけの人が今日このブログを見るかわからないけど、明けて本日25日の深夜23に高円寺ドムスタでブルーハーツのコピーバンドのライブをやります。
チャンヒノとゆきよちゃん企画なのかな?詳細よく分からないです。
他にもグッドマンや二万などでよく絡むバンドのメンバー達がシャッフルされて色々なコピーバンドをやるようです。ちらっと耳に入ってきている情報だと、ジュディマリ、東京事変、くるり、スーパーカーなどの名前が聞こえて来ております。
我々のブルハバンドはVo/カシマエスヒロ(BOSSSTON CRUIZING MANIA), G/ヨシノリ(来来来チーム), B/Ataraw(GROUNDCOVER.), D/DJLiGHT_NoVeL(GROUNDCOVER./SUBTERRANEANSS)というメンバー。
今週の日曜深夜にzotで深夜練習にも入って、かなり気合入れてコピーしているので、その場にいる予定の人宜しくです。

そして27日日曜はCAUCUSのライブが高円寺HIGH。
最近のCAUCUSは新曲などもバシバシ作っているので、ぜひライブで聞いて下さい。

■2012.5.27(sun)
高円寺HIGH
“total feedback”
mash
broken little sister
dario
少女スキップ
CAUCUS
------------------------
OP18:00/ST18:30
ADV2000

とりあえず再開まで。


stupid_8_beat at 06:09|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

June 18, 2011

Wandering Ones / CAUCUS

up71449
ゆっこを愛しています。


さて、5月から6月を振り返って記しておきます。

5月前半はひたすら仕事とスタジオ。印象に残ってるのは合間を縫って二万電圧に観に行ったnot great menのライブ。あのバンドは化けるぜ。今年〜来年は期待大。そしてtacobondsとworst tasteの2マンも良かった。とは言えtacobondsしか見れなかったんだけど。どうしても立教の先輩同級生後輩の3人っていう意識が最近は強かったんだけど、思えば滅茶苦茶カッコいいって憧れてたバンドだったことを思い出した。っていう言い方は失礼かな。ナオキさんはもうロックスターだった。

16日からはCAUCUSでアメリカはニューヨークにちょっくら行ってきた。
16日夕方くらいに成田に集合したのは前入りの柳川氏を除く加藤君、ひろこちゃんのCAUCUSメンバーとDJロータスことさゆりちゃんとSMILE LOVEのアベレージマンと僕。CAUCUSのTシャツを詰めまくったスーツケースが重量オーバーして、大分アメリカン航空のカウンターで言い争って不機嫌になる俺。機内では主にラノベを読んで寝た。案外飛行機って寝られるし12時間って長く感じない。以前ロンドン行った時にもこれは思った。で、JFKに着いてタクシーの長い列に並び、乗ったタクシーで道に迷う。どうやら我々の住所の伝え方がまずかったらしく、途方に暮れた運転手にロックフェラーセンターに放置されかけた所で柳川氏と連絡が着いて一安心。暫くお世話になるゲストハウスに無事に到着する。その後ユニオンスクエアなどへ繰り出してみるも時間は深夜12時を回っており、店なども閉まっているので結局サブウェイでサンドウィッチ食べて帰る。途中の道端で物乞いをシカトしてたらFuckin' Chinese!!と叫ばれたことで洗礼は受けた気がした。
17日以降はふんわりとライブがキャンセルになった影響もあり、暫くNYC観光。CBGB'sの跡地のオシャレ服屋さんに行ってみたりしたけど勿論服は買ってない。セントラルパークでブリトー食べたり、ブルックリンにライブを観に行ったり。17日は確かヴィヴィアンガールズなどを見た。ライブ自体はともかく、なんかアメリカでライブ見てるって感じするなーという感じだった。285 Kent Aveというハコ。
次の日は昼間だらだらして夜からは一人でグリニッジヴィレッジを彷徨う。特に収穫なし。で、24時過ぎから他のメンバーが行っていたブルックリンの奥の方のハコと言ってももう少しラフな演奏出来る場所といった風情のsilent barnへ行って皆と合流。ビール飲んで帰って来る。
次の日は思い立って自由の女神を目指すも、フェリーの時間が終わってて遠目に見るだけに留める。その後バッテリーパークをぶらついてグラウンドゼロまで歩く。その辺の観光コースをひと通り回ってみるも、特に感慨を受けるものも無かったような気がする。ディナーは柳川氏とひろこちゃんとリトルトーキョー近くの頭悪そうなテキサスステーキ屋へ。肉がデカいというよりも付け合せにやられて胃もたれ気味で、CAKE SHOPというハコへ。NYC popfestの初日。トリはthe pains of being pure at heart。ライブはとても良かった。NYで見たほぼすべてのライブにおいて感じたのはヘッドライナーのバンドは大体とても良いんだけど、前座のバンドが大体酷いということか。演奏力などが特に。まあこれはジャンル的なことも色々絡んでくるんだとは思うけど。全く知らなくて惹かれるバンドっていうのはあまり無かったかな。繰り返しになるけどジャンル的に固まったライブばかりを見ていたからっていうのはあると思う。そう考えると台北のライブのごちゃまぜ感というのがどちらかと言うと楽しかったかなとも思う。
次の日はCameo GarellyというハコでCAUCUSがライブ。入り前にダンボでセバスチャンことベンジャミンという人に機材一式を借りてブルックリンへ。リハでPAにイライラしつつも何とかこなし、向かいにあったアカデミーレコードという店でマキシマムロックンロールを買って読み耽る。ついでに一人で辺りをうろうろしてたら隣のブロックでサーストンムーアがライブやっててドキドキした。ライブはまあまずまず。どこかのライブレビューに書かれていたけど、ひろこちゃんのMCの「i'm singing in NY!」という言葉はとても象徴的で良い瞬間だったと思う。トリのGO SAILORはさすがの貫禄だった。
次の日はspike hillという場所でSMILELOVEが昼間ライブ。出演しない僕は一人でブルックリンをぶらぶらしてゆっくりめにライブを見に行く。ひろこちゃんとアベレージマンが主役のSMILELOVEは本当にとにかく楽曲が素晴らしい。純粋なメロディだけで言えばCAUCUSよりも僕は好きかもしれないくらい。とても良いライブであった。
その後夜のSMILELOVEのライブの為に同じブルックリンのglasslandsというハコに移動。機材置いてから柳川氏とdeath by audio探しの旅に出たり、楽器屋行ったりする。柳川氏はdeath by audioのエフェクターを購入したりしてglasslandsでライブ。SMILELOVE途中までやってドラムを僕にスイッチしてCAUCUSで2曲のセット。しかし機材が本当に死んでた為全くの不完全燃焼。せっかくセバスチャンことベンジャミンに借りた機材があったのに、思ってたよりこっちのハコも機材あるねなんて思って軽装で来たのが仇となった。そのイライラと時差ボケで終了後は二階席でビール飲んで不貞寝。最後のライブに向けて反省点と決意を新たにした時間でもあった。その後CAUCUSの友人であるルーカスに近くのパブに連れて行って貰って、いちゃいちゃするアメリカ人達を沢山眺めて地下鉄で帰宅。
次の日はライブは休みで、僕は一人で主に本屋をめぐる。どうしてもアメリカでラノベを買いたかったので、紀伊国屋にあるかなと思って行ったらあるにはあるが全て日本版であった。その後ずっと行ってみたかったstrandでケルアックやバロウズやマイナースレットの写真集などは手に入れるものの、何となく不完全燃焼していたら偶然に見つけたForbidden Planetという店がどうやらアニメイトだった。ハルヒやとらドラを購入してご満悦な僕は柳川氏と合流して5千円くらいのロブスターを柳川氏とサシで雰囲気のいいロブスターバーで食い、OTHER MUSICに行こうとするも既に閉まってて、仕方がないので今宵もブルックリンへ。ROCK SHOPというハコで暫くライブを見てビールを飲み、その後マンハッタンへ戻って仕事でNYに偶然来ていたありさちゃんと合流。二人で何故かリトルトーキョーの焼鳥大将にてサッポロビールを飲む。
次の日は最終日。昼間は相変わらずまた本屋をぶらぶらしたりして、夜はイーストビレッジのCAKESHOPへ。popfestという看板が外れたライブなので人の入りはがらがらだったけど、glasslandsでの反省から本当にきちんと準備をして妥協無くやれたと思う。やっとアメリカくんだりまで来た意味があったと感じられるようなというか。正直言ってCAUCUSはやはり加入したバンドだし、そんなに今自分が追いかけてる音楽とガッチリハマっている訳でもないしで、自分としてはお客さん気分というかサポート気分というか、そういうのが少なからずあったとは思う。でも、まあこれだけ一緒にやっていれば段々そういうのは消えて行くし、自分の名前が入ってるバンドで恥ずかしい演奏はできねーなっていうモチベーションはとても高まってきたような気がする。この考え方はベルトパンチでも持っていたもので、six o'minusやSUBTERRANEANSSのような自分が中心のバンドとはまた少し違った感じなんだけど。とにかく、きちんと良いライブがやれたという実感が持てたライブだったのでとても満足。そして暫くCAKE SHOPで飲んで、宿に帰って荷物まとめて明け方に空港へ。出国に大分手間取るも無事に飛行機に乗ってまた12時間。いい具合に寝て成田へ。帰りに戸塚で念願の家系ラーメンを松壱家で食べて帰る。

休むまもなく翌26日は二万電圧にてSUBTERRANEANSSの初ライブ。の前には渋谷アニメイトに寄ってハルヒの驚愕とはがない特装版も受け取る。一気に日常。で、ライブなんだけど、まあ自分で言うのもなんだけど、なかなか良いライブだったのでは。勿論反省点は山のようにあるんだけど、完璧を追い求めて初ライブができない病に陥ることなくとにかくこれをやったことにはとても満足してる。メンバーと当間さんとのシンクロ率を高めていけばもっとよくなるはず。その余地はまだまだある。で、ライブ終わって一息ついてから高円寺へ向かって台湾のTHE SHINE&SHINE&SHINE&SHINEのVoのmeu子と会っていっきへ。1時間くらいだったけど旧交を温める。嬉しそうにnemoとtialaのCDを見せてくる彼女の感じはとても良かった。meu子が帰った後ははりえと二人で焼肉食いに行って久々にはりえ家へ。何と高円寺を満喫した俺。

それから暫くは仕事復帰したり溜まったアニメを見たり。

6月4日は二万電圧で深沢の追悼ライブ「bury the sun」。1番目のnaxatは深沢の弟のこうたのバンド。1曲目はbury the sunのカバーだった。2番目のthe boys from Brazilは飯ちゃんや神永のバンド。深沢を語るには外せないメンバー。3番目のTHE Healing Through Meaningは無理言って出てもらった元FULLNELSONのメンバー。深沢はタケのことホントに好きだった。4番目はSUBTERRANEANSS。2曲、ガチっとしたライブをやれたと思う。色々な人に褒めてもらえたのが嬉しかったけど、初めて見たご祝儀だと思ってさらに頑張ります。5番目は(((REBELREBEL ON REBELREBELS)))。野澤さんと奥村さん、そしてうっちーと来ればまあそうなるよなーという感じだった。相変わらず突き抜けてらっしゃる先輩方で最高である。6番目はworst taste。貫禄のライブ。最近やたら見てる気がする。7番目はLOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS。赤倉はこのライブの発起人でもある。深沢と赤倉が揃ってFUに入ってきたのはもう10年程も前になるのか。8番目ラストはGROUNDCOVER.+Ryo Hisatsune。GROUNDCOVER.はsix o'minusが間違いなく一番一緒にライブをやったバンド。久恒さんには何度もAxSxMxUで一緒にライブをやってもらったし、最初のミニアルバムも録ってもらった。最後は期待通り?bury the sunのカバーで締めてくれた。
six o'minusの曲名でアルバムタイトルでもあるbury the sun=太陽を埋めるっていう言葉はある意味とても象徴的に聞こえもするけど、僕は早く元six o'minusっていう肩書きを取り払わなくてはいけないのかなと、何となく打ち上げ明けて朝方に電車の中で帰りながら考えてた。
とにかく、来てくれた皆さんと出てくれたバンドの皆さんは本当に有難うございました。

最近は主にCAUCUSの練習やら何やら。あと、ロンドンにいる大学の同期中西ゆみちゃんがやってるネットラジオのゲスト選曲などしました。セットリストは↓にでも。


そして今月から来月の告知。多数あります。

2011.6.22(wed) 渋谷CLUB ASIA
Profound TV & Rock Action presents "die!die!die Japan tour"
CAUCUS, die!die!die!(from New Zealand), VENI VIDI VICIOUS, PSYSALIA PSYSALIS PSYCHE, BYEE the ROUND, thatta
OPEN 17:30
ADV2000 / DOOR2500


2011.6.26(sun) 渋谷O FLOOR
"THE @nisonm@ster〜SENSATION〜"
DJs / DJ LiGHT_NoVeL, DJモグ@イ, デビル・ド・ニッシー, あっつTHEデストロイ,Hat@, タイガー
OPEN18:30 / START19:00
ADV / DOOR 1000+1D


2011.7.9(sat) 新宿club WIRE
"BLUE STARS NIGHT〜7th Anniversary Comeback To WIRE Special !!!〜"
*Guest LIVE*
Caucus, EXTENSION58, Ohanami
*Guest DJs*
大貫憲章 (LONDON NITE), Duck Rock, TSUTCHIE (SHAKKAZOMBIE / RAVOLTA)
*bluestars DJs*
chicchi, etc...
OPEN 21:00(all night)
ADV / DOOR 2000+1D


2011.7.10(sun) 秋葉原club GOODMAN
SUBTERRANEANSS, worst taste, VAU!, 悲鳴, Kito_mizukumi Rouber
TBA


2011.7.17(sun) 東高円寺二万電圧
CAUCUS presents "CAUCUS RACE"
CAUCUS, GROUNDCOVER., SiNE, Yucca, shojoskip
TBA


てな感じで、色々と突込みどころ満載なスケジュールな気もしますが、ぜひ宜しくお願いします。
8月もちょいちょい面白いの決まって来てますよ!それはまた改めて。


2011.5.26 東高円寺二万電圧
SUBTERRANEANSS
1.slow text
2.reverse end
3.black milk

2011.6.4 東高円寺二万電圧
SUBTERRANEANSS
1.how slow do i read the text?
2.turn the white milk black and spill it.


DJ LiGHT_NoVeL selected for "Radio Yunomusique"
1.青空トライアングル / 杏 (真堂圭), 柊 (高垣彩陽), 小梅 (MAKO)
2.ハートの法則 / さつき (廣田詩夢)
3.ボクハ更新サレマシタ きれいなARMみっくす / 乱崎雹霞(広橋涼)
4.恋愛サーキュレーション / 千石撫子(花澤香菜)
5.Utauyo!! MIRACLE / 放課後ティータイム (豊崎愛生, 日笠陽子, 佐藤聡美, 寿美菜子, 竹達彩奈)
6.My Soul, Your Beats! / Lia
7.CRAWL / VELTPUNCH

stupid_8_beat at 04:14|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

May 17, 2011

North American Scum / LCD Soundsystem

IMG_0122
ニューヨーク1日目。

とりあえず結構寒い。
部屋のwifiが繋がりづらい。
サブウェイのサンドウィッチが高い。
クアーズは安い。

時差ぼけなのかなんなのか割と変なテンション。


イマイチ今回のスケジュールを把握してない僕です。

stupid_8_beat at 16:14|PermalinkComments(99)TrackBack(0)

May 03, 2011

The Cold In Moscow / Killer Bong

20110604flyer
完全に風邪引きましたね。これ。
絶対に昨日野球見に行って雨に濡れたせい。


告知。
■2011.6.4(sat) 東高円寺二万電圧
深沢健介追悼企画
"bury the sun"

出演
SUBTERRANEANSS
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS
worst taste
GROUNDCOVER.+Ryo Hisatsune(Alan Smithee's MAD Universe)
(((REBELREBEL ON REBELREBELS)))
THE Healing Through Meaning
the boys from Brazil
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV / DOOR ¥1800

昨年、高円寺DOMで行われたsix o'minusのVo深沢の追悼ライブですが、今年は東高円寺二万電圧でやります。別に毎年やっていこうと思っている訳ではないのですが、深沢っていう人間を旗印にしてこれだけの良いバンドが集まってライブをやろうってなることが、それは凄いことだなと思う訳です。

このライブは僕が以前やっていたsix o'minusというバンドのボーカル/ギターで、昨年3月18日に亡くなった深沢健介君の追悼イベントです。深沢と縁のあった人でこういうライブに興味のある人はぜひ遊びに来て欲しいと思ってます。そして、深沢君という人間をよく知らない人にも、単純に面白いメンツのライブだと思ってくれたらぜひ遊びに来ていただきたい。そこで普通にライブを楽しんでもらいたいと思ってます。そして、このバンド達が集まったきっかけの深沢君という人間がいたらしいっていうことだけ、知ってくれたら、僕はとても嬉しいです。

凄く悪い言い方かもしれないけど、深沢の名前を口実にして皆で集まってライブやっちゃおうぜっていうのに近いのかなとも思ったり。でも、それでいいんだと思います。きっと、良いライブになるでしょう。僕も勿論新しいバンドで気合を入れて臨むし、GROUNDCOVER.+Ryo Hisatsuneという名前にワクワクが止まりません。あくまでも楽しんでいきましょう。

宜しくお願いします!!


その前に僕の新バンドSUBTERRANEANSSの初ライブがあります。

■2011.5.26(thu)
東高円寺二万電圧 presents"EXTREME EAST K. 20"]
SUBTERRANEANSS
DEAPA
イデストロイド
Happy is a moment
WEARESEXIAMDEATH
open / 18:30 start / 19:00
adv / 1,500yen door / 1,800yen(+drink500yen)
061



さて、そのSUBTERRANEANSSですが。昨年末くらいから地味にメンバーが集まったりいなくなったりしつつ、水面下で画策されていたバンドです。
メンバーはDr./遠藤泰介(ex-six o'minus/ex-VELTPUNCH)、G/ゼンブ(STEINER)、B/はっせ(マロガレ/父親タイガーマスク似/Haglemo)、Key/マドカ(jebiotto!/陰核御殿)、Dubwise&Noise&Vocal/Seventh Paranoia(Double Platonic Suicide/etc...)というメンバー。というか、ダブミキサーやってもらってる当間さんは表記はなんて書けばいいんですかね。考えて無かった。
とまあ、僕の中ではそれなりに豪華なメンバーに集まってもらって、僕が仕事帰りの電車の中で思いついたフレーズを延々と6分も7分もリピートし、テンションに任せて押し切るといった形で現在は活動しております。
89secをやっている中でどうしてもギターが欲しいなーという欲求が湧いてくる瞬間があって、それを形にしたバンドっていう言い方もまあできると思うし、当間さんと何となく突発的に1、2度スタジオ入ったりした時の感じがとても楽しかったので、何とか巻き込んで活動するような形を作りたいと思ったのもあるしで。ただ、僕はドラム以外のパートをきちんと考えて楽曲を作るということの経験がほぼ初めてで、なかなか四苦八苦しながらPCと格闘し、メンバーに対しては相当グダグダなリーダーっぷりを発揮しているので、愛想をつかされないかと心配しながら日々生きてます。
話がそれました。
多分今の所の音楽性的にはsix o'minus〜89secというラインの延長線上にあるバンドだと思われます。興味のある方はぜひ遊びに来て下さい。

また告知などはおいおいここで。
とりあえずHP作ったりしないとね。



日記。手短に
4月18日はグッドマンでスワッピング。
はりえとかカイタとかオサベとかと同じチーム。なーんか、今回もまた少しやりきれなかった感はあったかな。毎回、もう少しソリッドな感じにしたいと思いつつ、空気を読むことに終始してしまうセッションが最近は多い気がする。精進せねば。

19日はハマスタへ。
マエケンにやられる。武山の1号見れたのは良かった。

26日はネストにラギタギダ企画。
ウーネリーズ、あら恋、クリプトシティと良いメンツ。クリプトシティには間に合わなかった。あら恋もなにげに久々だったんだけど、何だか普通の8ビートの曲が増えたなーという印象。相変わらず劔さんはカッコいい。僕はベース弾いてる劔さんが好きです。

29日はJAMでCAUCUSライブ。
久々のJAM。そしてオールナイトイベントであれだけ人が入ると、もう若くない僕はちょっぴりつらい。大変盛り上がっている若い人達の中に何となく入っていけない感じのまま、何となく寝不足で体調を崩して早めの帰宅。ライブ自体は…まあ雑だったなぁ。色々と課題の見えた感じはあった。

1日はハマスタへ。
ミルキィホームズゲームということで、声優さんが出て来てライブやったり、ホッシーがオタ芸打ったり。なかなかにカオスな試合。そして須田が初回5失点。村田の2発が見れたから良しとしよう。というか、この3年くらい観戦時の勝率がマジで0なんですが…


あとの日は仕事とスタジオ。

そんで今月はアメリカ行ってきます。
NYC popfestなるフェスにCAUCUSで出演+向こうで何本かライブも。
詳細はこちらで
http://www.caucus.jp/
久々の海外ツアーなので楽しみ。
ニューヨーカー達に日本のMOEを紹介して来るつもりで頑張ります。


アニメ・ラノベは停滞気味。まあまたの機会に。


stupid_8_beat at 02:36|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

April 06, 2011

レンダン / WRENCH

image
色々と大変な世の中ですが、如何お過ごしでしょうか。

日記。
3月11日
地震の日は普通に仕事中。会社にいると世の中のことから隔離されるので全然緊張感などが湧かないまま、出勤できない夕勤夜勤多数で普通にそれがカオス。夜中まで仕事して電車が止まってるらしいってことで渋谷から青山一丁目まで歩いて大江戸線で御徒町を目指した。駅の入場制限はさながらコミケ1日目の企業ブースのようだった。地震以来、何度か行列を作って並ぶっていう機会があったけど、基本的にコミケ慣れしているオタク達は並ぶことには慣れているので動じていないように感じた。むしろ列の形成はお手の物だ。2時間程かけてに鶯谷のはーちゃんの家に収容され、落ち着かない夜を過ごして、次の日からは割と普通に忙しく仕事。実家に一度帰ったら次の日出勤できなかったり、まあそこそこは大変だった。

3月18日
深沢の命日だったので仕事の後に何となく永福町をぶらぶらしてみる。

3月19日
昼過ぎに逗子で集合して、何人かで深沢の墓参。久々に会ったschool food punishmentチームが相変わらずだったのが良かった。夕方から戸塚でworst tasteカイタと飲む。

3月20日
二万電圧にモーニングスを見に。人がいっぱい。良いライブだった。

3月21日
グッドマンにworst tasteを見に。人はあんまり居なかったが良いライブだった。

3月24日
生徒会役員共の学祭回を見て、シノちゃんが好きでたまらない病に冒される。

3月25日
二万電圧にブッチャーズとGROUNDCOVER.を見に。GROUNDCOVERは何となくグダグダであった。ブッチャーズは流石。4人になってからの音源聞いてなかったからプールサイドとソレダケに上がる。小松さんのドラムヤバい。若い頃はどうしても比較した上でアヒトさんのドラムが派手でカッコいいなと思ってたんだけど、今30歳越えて見ると小松さんの凄まじさが分かるのかななどと考えながら帰る。

3月26日
CAUCUSのPV撮影で朝6時半に白山集合。辛かった。監督のMikeの指示でひたすらストップモーションの映像を録る。sugar dropのキョウスケ君を初めとするCAUCUSクルーにお世話になり、最後はベースのテツ氏がその天才ぶりを遺憾なく発揮。やはり彼がCAUCUSというグループにかけがえのない存在だということが確認されたのだった。

3月27日
夜からDigraphiaのトモさんの誕生パーティー。僕もはりきっておもてなしをした。始まって乾杯から10秒でもう粗相してトモさんにビールぶちまけたのも僕だが。正直すんませんっした。例によって料理を作りすぎて困った。

3月28日
FISHMANSのUstを見て、なんかモヤモヤする。

3月30日
CAUCUSのライブで高円寺HIGH。演奏は我ながら滅茶苦茶に粗かったが、なぜか周りからは高評価を受ける。この辺の感覚がCAUCUSではまだまだだな。

4月1日
新宿で善部とはっせと飲む。一応、これは新バンドの決起集会なのだ。はっせの最近のエピソードを聞いて驚愕し、その後音楽の話なんざ一切しなかったが。はっせは獣。

4月2日
渋谷でタイガー氏、ニッシーさんなどと飲む。以前にロックさんやごろう達と行ったことのあるような気がする沖縄料理屋。平然とUOを店内で折るオタ芸チーム。左右の席をリア充とスイーツ(笑)達に挟まれた僕らの、せめてものレジスタンスだ。

4月3日
戸塚で高校時代からの地元の友達ハルカとその弟のアキラと飲む。姉弟二人でディーパーズのライブに行くのって仲良くて羨ましい。


2011.3.30 高円寺HIGH
CAUCUS
1.everything and everything else
2.Sing
3.JanJaka
4.wandering ones
5.i love you like the way i used to do (rocketship cover)
6.were to see

ラノベ。
色々読んでる。詳細は→のソーシャルライブラリで。
印象に特に残ったのは東京皇帝☆北条恋歌の8巻。タイムリープ物だと無条件に褒めるということになってしまうと嫌だし悔しいんだけど、それでもこういう展開は熱いなと思う。竹井10日の文体に慣れて来た辺りでこの展開だから良かったんだろうと思うし、九州でのエピソードなどを踏まえた上で満を持しての種明かしという感があって、とてもよく出来た作品だと思う。問題はここからどう続くのか。キュートなしぃなたんの復活に期待。

ゴールデンタイムは読み終わってしまえばまだプロローグ感が否めない感じ。というか、とらドラありきで考えてしまうと、どう見てもここから先が本番なんすよね…っていう印象。リンダ先輩の物語が見たい。

神明解ろーどぐらすはハッピーエンドで大団円なんだけど、前巻や前々巻でドキドキさせられた分少し拍子抜けした印象。もう1、2巻使って、さきっぽをもう少し話に絡めてくれたら良かったのにと思わなくもない。

新約禁書は相変わらずだなーって感じ。アイテムがバリバリ出ていたので俺得巻であるはずなんだけど、もしかしたら少しマンネリ気味に感じているのかも。上条さん復活にほっとする。


とりあえず、驚愕とCD付きはがないは予約済み。楽しみ。


アニメ
何となく最近遠ざかってしまっていて、あんまりちゃんと観ていない。まあそのうちに。

stupid_8_beat at 00:34|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

March 07, 2011

Penalty Taker / audio active

0010-1_20110304020118
すっかり間を空けての更新に慣れてしまった感のある日記。

2月24日はCAUCUSのライブで高円寺HIGH。
仕事後のライブってのもなかなか乙なもので、何となくライブやるぞっていうテンションになるのに時間がかかる。久々にっていうか、CAUCUSに入ってから初めてきちんとリハをやって、メンバーと見に来てくれたはーちゃんとか、PVの監督のマイクとフランクとか、Guell Masterdのこうき君なんかとVIPルームでひろこちゃんのローストビーフサンドを食いながら打ち合わせしつつ、ISやマギカを見て、ますますライブやる感じから遠ざかる。
演奏は結構いっぱいいっぱい。けど、狭くセッティングした立ち位置とかリハをやったことなんかは功を奏したようで、ライブとしては結構よい感じでできたんじゃないかな。
http://www.youtube.com/watch?v=-0ZGmvUy9aE&feature=player_embedded
ここでちょこっと見れるみたいですよ。コーカスはこれからリリースやらツアーやらがあるので、何か面白いことができそうで良い感じです。
で、いっきでruttu南氏とかと飲んで、終電を逃したり。

26日は池袋にて大学の先輩の送別会。お仕事で三重に行かれるそうで。
自分がラノベを読むにあたって強い影響を受けた何人かの先輩の一人なのだが、相変わらずラノベ、声優について色々と辛辣にダメ出しされる。頑張って色々読みますよ。

3月2日は二万電圧にSTEINERやらjebiotto!やらswaragaを観に行く。
初見のswaragaは川上さんにももう言ったから書いちゃうけど、良い意味で80年代のアニソンのようだった。川上さんの足元は見ていて楽しかった。jebiottoは至高。でも、音が何だかぐしゃーっとなってたのが残念だったかな。エレドラの音なんかがもっと浮いて聞こえると良いんだろうなーなどと考えながら。新曲のパンクな方の曲は凄くパンクでかっこ良かった。STEINERの時にチョモのダイク君達と、ゲンさんのドラムセットを間近で覗きこみ続けるという嫌がらせを敢行。楽しかった。サキソフォーン!んで、川上さんの車でサラちゃんと一緒に送ってもらい、鶯谷の闇に飲まれる。

5日はタイガー君企画の@nison m@sterでDJ@渋谷O FLOOR。
前夜に色々と準備をしていたら午前3時くらいにabelton LIVEがクラッシュ。それまでの5時間程の作業内容が呼び出せなくなり、バグを報告する画面ばかりが出る。真っ青な顔になりながら2時間ほどかけて何とか復旧。しかし、殆ど寝られないままに渋谷へ。
真昼間の渋谷でアニソンをプレイする所を何故かNATSUMENやスペカンの人々に見られるというバツゲームのような空間だったが、人も少なかった分逆にフロアを気にせずできたかも。やっぱり転換DJじゃなくてちゃんと1時間自分の時間としてもらえると、じっくりできて良い。とりあえずセットリスト。


1.Magia / Kalafina / 魔法少女まどか☆マギカ
2.コネクト / ClariS / 魔法少女まどか☆マギカ
3.irony / ClariS / 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
4.masquarade! / 黒猫(花澤香菜) / 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
5.わが名は小学生 / 丸井みつば (高垣彩陽), 丸井ふたば (明坂聡美), 丸井ひとは (戸松遥) / みつどもえ
6.SUPER∞STREAM / 篠ノ之箒 (日笠陽子), セシリア・オルコット (ゆかな), 凰鈴音 (下田麻美), シャルル・デュノア (花澤香菜), ラウラ・ボーデヴィッヒ (井上麻里奈) / IS<インフィニット・ストラトス>
7.ピンキージョーンズ / ももいろクローバー / ヨスガノソラ
8.正解はひとつ!じゃない!! / シャーロック・シェリンフォード (三森すずこ), 譲崎ネロ (徳井青空), エルキュール・バートン (佐々木未来), コーデリア・グラウカ (橘田いずみ) / 探偵オペラ ミルキィホームズ
9.No buts! / 川田まみ / とある魔術の禁書目録
10.See visionS / 川田まみ / とある魔術の禁書目録
11.PSI-missing -2011 remix- / 川田まみ / とある魔術の禁書目録
12.JOINT / 川田まみ / 灼眼のシャナ
13.恋愛サーキュレーション / 千石撫子(花澤香菜) / 化物語
14.リビングWars / 結城美柑(花澤香菜) / もっとTo LOVEる
15.2 hundred over / エーリカ・ハルトマン(野川さくら) / ストライクウィッチーズ
16.Sweet Duet / サーニャ・V・リトヴャク (門脇舞以), エイラ・イルマタル・ユーティライネン (大橋歩夕)
17.ボクハ更新サレマシタ / 乱崎雹霞 (広橋涼) / 狂乱家族日記
18.超妻賢母宣言 / MOSAIC.WAV / 狂乱家族日記

1の前にキュウベェさんの台詞、16の前にエイラの台詞を入れてみたりも含めてちょいちょい仕込んだネタなども。1-4は間にクラリス繋ぎを入れて覇権アニメ繋ぎ。5からは女の子が沢山で歌ってるゾーン。9からはハイパー川田まみタイム(HKT)。13-14の花澤繋ぎを経て、ストパン→既に僕の十八番になりつつある狂乱で締め。
しかし、今回はLine6を導入したんだけど、実は中盤にずっとテープエコーが掛かりっぱなしになっていることに気づかず、ちょっと不完全燃焼な感じ。次回はもう少し頑張ります。KP3は大分使えるようになってきたと思うんだけど。
他のDJの方ではやはりDJモグ@イさんが安心のハイクオリティというか、僕とリンクするのはやはり片山さんだった。難しい話なんだけど、やっぱり僕は自分がオタ芸を打つというのは少し違うような気がしているので、あくまでもDJとしての表現ということでいえばこちら側になるんだろうな。と。
そして、ニッシーさん、あっつさん、タイガー君の怒涛の流れも良かった。特にあっつさんからタイガー君は半ば二人の掛け合いになっていて、奈々様とゆかりんへの愛に溢れていて、フロアにいる人も含めて俯瞰していると自然と笑顔になってしまうような楽しさがあった。こういうイベントに、まあ時間帯の問題はあったにせよ、もっと人が入ると良いなと思います。皆さんお疲れ様。


6日は南葉山霊園で深沢の納骨。
良い天気だった。


2011.3.24 高円寺HIGH
CAUCUS
1,everything and everything else
2,Modern Boy
3,Sing
4,wondering ones
5,were to see
6,Jankaka



先週~今週のアニメ関係はこれのみで。
S ラウラ(IS)
A ミストルティン(メリー)、トモノリ(ゾンビ)、10032(禁書)、美琴(禁書)、アティア先輩(フリージング)
B ネッサ(フラクタル)、ヴィクトリカ(GOSICK)、ひとは(みつどもえ)
C 奈緒(おちんこ)



stupid_8_beat at 23:06|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

February 20, 2011

Small Time Short Away / Massive Attack

201102142308552b8
頂きます。

1ヶ月日記を書いていなかったが、特に書くことも無かった。
Twilogを参考にこの1ヶ月間自分が何をしていたかを思い出してみたが、本当に無かった。仕事行って、スタジオ行って、たまに飲み行って、先週は現役女子大生と合コンしただけだった。そんなのいつもの事だしな。

大相撲のことについて思う存分書こうと思ったけど需要無さそうだし、プロ野球についても需要無さそうだし、音楽のことも需要無さそうだし、というか書けることないし、やっぱりアニメとラノベについて書くしかないのかなと思ったけど、その前に告知を。


■2011.2.24(thu) 高円寺HIGH
"blue noise test"
CAUCUS, 7 eyes 40 days, sugardrop, cigarette in your bed
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2000+1D / DOOR 2500+1D

→コーカスのライブはもう慣れてきたような気もするけど、まだまだな感じもして。5月には7インチもリリースされたりするので、ぜひ宜しくお願いします。


■2011.3.5(sat) 渋谷O FLOOR
"THE @NISONM@STER〜ATTRACTION〜"
DJ LiGHT_NoVeL, DJモグ@イ(スペースカンフーマン), デビル・ド・ニッシー, あっつtheデストロイ(Jin-Machine), タイガー
OPEN 12:20 / START 13:00
ADV / DOOR 800+1D

→えっと…DJライトノベルです。このブログを読むような人の中には(スペースカンフーマン)という表記に吹く人がいるかと思うのですが、僕は詳細もらって吹きました。昼間で、僕の出演時間も早いのですが、早起きして土曜の午後からビールでも飲んでアニソン聴くっていうのもいいかと思います。夜には終わります。踊れる曲よりにすべきかどうか悩み中。

予約とか、「お前と俺の仲だろ?ゲストなら行ってやんよ」とか、そういうのは随時受け付けていますので、メールとかコメントとかツイッターとかで。宜しくお願いします。



さて今期のアニメなど。それも全然書いて無かったね。

IS
シャル豚共が何か騒いでいるようだが、問題ない。僕は静かにラウラさんの「その時」を待っている。でも酢豚頑張れ、超頑張れ。箒も好きなんだけど、あまりに今の所見せ場がない。まあ良いハーレム。

マギカ
虚淵氏だからっていうので鬱展開予想はあったようだけど、僕は全くそういうのが無かったので、多くの人と同じように3話で「なん…だと…」となったクチ。シャフトも蒼樹うめもそんなにすきじゃないって言い続けてたから悔しいけど、本当に悔しいけど目が離せない。青い子頑張れ、超頑張れ。ていうかキタエリ最高。

メリー
これも雰囲気は暗いなーと思いながら見てる。ちょいちょいおっと思うんだけど、次の話でまたテンションが下がってしまうような。あと、イマイチ話がよく頭に入って来ないっていうのもあるのかも。そしてやはりメリーの声が嫌。俺も相当な粘着質だとは思うけど、期待してただけに。萌えも燃えも少し中途半端だけど、最後までは見るでしょう。

フラクタル
なんか、まあ、いいんじゃないでしょうか。描きたいテーマっていうのは何となく伝わって来るし、こうなっていくんだろうなっていう少し先の展開は裏切られないし、本当にジブリ大好きな学生が作ったような感じではあるけど、全然嫌いじゃないよ。まあ箸休め的な。ノイタミナだしな。

禁書
これが僕の大好きなアニメです!17話18話の流れ素晴らしかった。いよいよ2期最大の盛り上がりのヴェント編な訳だけど、2クール目に入ってからは作画も安定してるし、心配してない。女王艦隊編のオルソラも可愛かったけど、やっぱり学園都市でしょ。と。新OPと新EDも覇権のオーラに満ち溢れているし、毎週超楽しみに観ている。この調子で。

GOSICK
展開速い。ヴィクトリカちゃん可愛い以外にも色々あるはずの話なのに、正直そこにばかり尺が割かれているような気がしてしまうような。特にこの夏至祭のくだりは残念だった。原作読むべし。

ニャルアニ
アスミスへの愛だけd(ry

お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからねっ!!
面白い。キタエリ最高。最近の委員長プッシュで幼なじみが割を食ってる気はするけど、3人とも可愛いよ。そして全員変態だよ。AGE探検隊隊長の、幼馴染はいる、皆の心の中に…という言葉が妙に胸に響く。毎週何のストレスもなく見れるアニメはいいよね。

みつどもえ
ふたばがメインヒロインのオーラを放ちまくっているのは素晴らしいと思うが、僕はあくまでも三女さん推しです。こちらも何も考えずに見てるアニメ。

フリージング
話は結構好きなのに、本当に無駄なエロが残念。あんなにおっぱい丸出してたら、それはやっぱりおっぱいに目が行ってしまうし、おかげでストーリーがたまに分からなくなってしまったりするし。全年齢向けでつくり直してくれないかなという感じ。能登と花澤も素晴らしいけど、僕は生徒会長推し。フェアチャイルド先輩無双が見たいぜ。

ゾンビ
ここ何話かはそこそこな感じでまとまってるなーと、悪い意味で思っていたんだけど、オリ展開(だよね?)のユーVS京子の「死んで」ループはかなりおおっと思ったし、良い感じだった。でも、シリアスをもう少し抑えめにしてギャグ多めにした方がよかったんじゃないかなというのは変らない。とりあえずトモノリとサラスを早く!早く!

ドラクラ
最初はくぎゅくらいしか話題のない、低調な滑り出しだったけど、段々面白くなってきた感はある。オッドアイの子が大活躍する展開に期待。EDも慣れてきたら好きな気がしてきたし、何気に今期の中では楽しみにしてる。あと、ほっちゃんはやはり永遠のアイドルすなぁ。オーラが違う。

Rio
話のくだらなさは物凄いし、まあ嫌いな人は嫌いだと思うんだけど、僕はこういう雰囲気のアニメは嫌いじゃない。最近なぜかRioはいい女!と色んな人に主張しているが、その通りだと思うぜ。あと、キャストが豪華でテンション上がる。

レベルEは萌えアニメじゃないので割愛。今期見てるのはこんな感じ。
で、最近同好の士で集まって、今期の俺の嫁ランキングなるものを皆で作ったりしたんだけど、それに修正を加えて改めて確定した今期折り返し地点での気になる女子達。

S 100032(禁書)、禁書(禁書)
A 酢豚(IS)、眼帯(IS)、妹(おちんこ)、三女(みつどもえ)、20001(禁書)、オリジナル(禁書)
B ヴィクトリカちゃん(GOSICK)、幼馴染(おちんこ)、生徒会長(フリージング)、ほむほむ(マギカ)、Rio(Rio)、オッドアイ(ドラクラ)、箒(IS)、ルチア(禁書)、ハルナ(ゾンビ)、宮なんとかさん(みつどもえ)
C ほっちゃん(ドラクラ)、メリー(メリー)、今週出てきた超強かった夢魔(メリー)、赤い子(マギカ)、フランス(IS)、オルソラ(禁書)、
D イギリス(IS)、青い子(マギカ)、委員長(おちんこ)、アヴリル(GOSICK)

ちなみに話の面白さ的な、作品としての好き度合いで言えば
S 禁書(→)
A IS(→)、マギカ(↑)、おちんこ(↑)
B フリージング(↑)、ドラクラ(↑)、GOSICK(↓)、ゾンビ(↓)
C レベルE(→)、Rio(↑)、みつどもえ(→)、メリー(↓)
D フラクタル(↓)、ニャルアニ(→)


ラノベ
最近もまあ色々と読んでいる訳で。
とりあえずシリーズ続きのものだと、やはり「ココロコネクト」が抜きん出ていた。次は短編っていう流れは「空色パンデミック」と同じだけど、やはりここで話は一区切りになるんだろうか。いおりん派としては少し寂しい結末ではあるけど、キャラ萌えにストーリーが引っ張られてはいけないっていうのが僕の持論ではあるので、ここは素直にデレばんを愉しめばいいんだと思う。伊織んも稲葉んも唯も皆可愛い。そしてドラマCDもナイスだった。強いて言えばあいなまのいおりんだけは少し違和感あったけど。そしてキャストコメントがあいなまだけ別録?だったけど、まあ良いのだ。アニメ化はしないで欲しいけど、どうなんだろ。
「バカテス」最新刊は工藤さんが良かった。最早1巻に合計5行でも工藤さん描写があれば満足できるようになってきた僕だが、今巻は大変贅沢をさせて頂いた。Aクラス女子はやっぱりいいなぁ。
「まよチキ」はシュレディンガー先輩が最高。一気に僕の中で奏お嬢様に並んでトップに躍り出た。ちなみにキャラ萌えで言えば、その二人をトップにして以下うさみん>妹>スバルと続く。「六畳間の侵略者」は最後の展開で吹いたけど、今までに比べたらやっと面白くなってきたと思う。「ささみさん@がんばらない」はまだ最新刊まで行ってないんだけど、ゆっくりじっくり楽しんで読み続けてる。日日日さん良い。「新明解ろーどぐらす」は何と言うかまぁ…前巻の最後からずっとチクチクと胸が痛むような感じではあったんだけど、とにかくもう十勝ちゃん頑張れとしか言えないし、たんまりがどういう形であれ幸せになって欲しい。
最近新しく読み始めたシリーズでは、大人気な「変態王子と笑わない猫」はやはり面白かった。僕はコマメちゃん!月子も可愛いけど。カントク氏の絵ありきだっていうのは確かにあるかもしれないけど、文章も充分だと思う。陸上部の副部長は次巻くらいから参戦してこないかと思ってるんだけど…どうだろ。「黒のストライカ」にはハマっている。これは厨二感をあえて満載にしているっていう解釈であっているのかどうか、十文字青初心者なのでまだ分からないのだけれど、単純に面白いっす。「スノウピー、見つめる」は続巻に行こうかどうか迷い中。予備知識無しであらすじだけ見て読んでみたんだけど、設定は好きなのに文章が決定的に好きじゃないっていう感じ。それは「六畳間」や「ゾンビ」も同じではあるんだけど…最初にそう思った著者でその後に文章の苦手さを克服してしまったのって竹井10日の「東京皇帝」くらいなんだよね。そういえば3月に新刊が出るので楽しみ。それ以外では中古でジャケとタイトルのみで買った「ラジオガールウィズジャミング」が素晴らしかった。世界観的にはエウレカとかに近い感じを受けたんだけど、萌えというよりはしみじみといい話だと思ったり。こういう小説は無条件に好きっていうのはラノベに限らず昔から変らない。
最近は「IS」を読み始めたので、一気に読み進んでアニメ組のシャル豚共にネタバレしてやろうと画策中。なのです☆


また欲しい機材と本が溜まりだして来ているんだけど、なかなかゆっくり買い物をする時間もなく、日々流されて生きていく感じで。何とかしないと。

stupid_8_beat at 02:18|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

January 18, 2011

Modern Drummer / The American Analog Set

sukima013324
うむ。

電波女と青春男7巻読了。
所謂エロゲとかギャルゲと呼ばれる類のゲームを全く嗜まない僕はしばしば今までアニメの構成手法としてのマルチエンディング方式を批判してきた。記憶に新しい所で言えばヨスガノソラ、アマガミという2作品への感想であり、ヒロイン毎のルート選択のエンディングをそれぞれ見せるという手法はメインストーリーとなるべきエピソードを希薄にして蛇足を付け加えるものに他ならないのではないか、という感想は特にヨスガにおいて顕著であった。誰がどうみてもソラ編の出来がずば抜けているのは明らかであるし、ヨスガノソラという作品を象徴するテーマは実妹であるソラとの禁断の愛ということであるはず。勿論、サブの女性キャラクター達もそれぞれに魅力的に描かれており、だからこそ揺れる主人公の心情、その中でソラを選びとっていく過程というのが作品として表現していくべきではないのか。他のヒロインの中では僕は瑛が好きだ。だけどソラ編においては瑛はハルとは結ばれない。ゲーム的な用語を使えば幼い時に立っていたフラグが回収されない。でも、僕がきちんとみたいのは瑛が選ばれなかった物語で瑛がどういう立ち居振る舞いを見せるのかであって、その中で僕は瑛というキャラクターにいっそう惹かれていったのかもしれない。必ずしも好きなキャラが主人公と結ばれて欲しい訳ではないのだ。
例えばそれは涼宮ハルヒシリーズにおける長門ファンには理解されるのではないか。今後(今度こそ)発売されるであろう続編以降の展開がどうなるかは別として、涼宮ハルヒの消失という作品は長門が選ばれない物語である。ある程度まではこの解釈は正しいはずだと思う。だけど、その物語を通して長門というキャラクターに今までのシリーズ以上に惹かれたというのが僕の感想である。むしろ、それまではハルヒのことが好きだった僕が長門というキャラクターのことも好きになっていく、そして涼宮ハルヒシリーズという一連の作品に決定的に惹かれていくきっかけともなっている。
或いは、生徒会の一存という作品がある。こちらも構図としては主人公となる男性キャラクターが一人、そして幾人かの女性キャラクターが並列に配置され、攻略、フラグといった単語を容易に連想させる所謂ギャルゲ的な人間関係を見せている作品。こちらも未完結作品であるのだが、メタ的な手法が多用される本作で主人公は作中においてハーレムルートを目指すと公言する。これもまたひとつの物語のエンディングである。生徒会の一存がその完結時点においてどういうエンディングを迎えるのかは分からないが、全員を選ぶという一本道のストーリーはそれはそれで僕はひとつの物語としての綺麗な完結であると思う。
段々何が言いたいのかよく分からなくなっていたけど、とにかく、パラレルワールド的な手法を広い意味でのSFの範疇以外で、ヒロインの攻略という意味でのエンディングを表現するのに使ってしまうのは少し違うのではないかという意見を僕は持っていたのである。

すいませんでした。
僕が間違ってました。電波女のマルチエンディングはアリでした。
最初は、うわー、来たよー。とちょっと引きつつ読んでいたんだけど、不思議とそういう嫌悪感というか違和感のようなものなく最後まで読み切ってしまった印象。勿論それは作品の色もあるんだろうし、6巻までがあってのこの展開なのでというのはあると思うし、あくまでもスピンオフ的であることが理由でもあると思うし、あくまでも僕は2559番目のエンディングが正規ルートであるといいなと妄想してとりあえず現時点では暫定正規エンディングにしてしまっているというのもあると思うけれど。
前川さん可愛い。

と、僕が電波女7巻を絶賛するにあたって予想される、お前エロゲ方式大嫌いって言ってたじゃんというツッコミに大しての予防線はこの辺で良いかと思うんだけど。あ、上の文章は超適当に書いてますよ。

まあ感想としては、前川さんは正義。アニメはどう作るんだろうなー。今んとこ不安しかないけど。


で、日記。
15日はCAUCUSのライブ。青山蜂にて。
オサレなクラブなぞに縁がない僕はビビりまくっていたのだが、適度に汚くて面白い空間ではあった。とりあえずお昼過ぎにゆるゆると入り。バンドのライブ用の機材が全くないということで、手配から運搬から色々お任せしてしまった加藤君と柳川君に恐縮。そして、セッティング直前になってキックペダルがないことに気づく我々。セッティング後に柳川君の家に行き、CAUCUSの何代か前のドラマーが残していったというPearlのペダルを拝借。柳川家は何と言うか、不思議な構造の空間だった。あの家いいなぁ。
ライブはとにかく暗かった。未だに結構頼っている手書きのカンペが全く見えずに、かといって割と頼りにしているベースのテツ君のドヤ顔もほとんど見えず、正に手探りのライブであった。まあライブやる為の場所じゃないしな。でも、その環境の中では割といいライブができたんじゃないかな。ああいう所で演奏すること自体は嫌いじゃないし、楽しんでやれたってのが正直な感想。終演後は謎のDJ氏(名前聞き忘れた)とルーツレゲエトークで知ったかぶりをし、cryvモリッシー氏と今期アニメの考察をお腹いっぱいして、タクシーにドラムやらアンプやらを満載してテツ家に運びこみ、新宿でささやかに打ち上げて鶯谷に行ったら、DIGRAPHIAのトモ氏がいたので、何故かセックスにまつわる話を暫くして寝た。
17日もお休み。
家でだらだら過ごそうと思ってたけど、夕方に奮起して横浜に遊びに行く。とらのあなとブックオフとアニメイトを、結局だらだら回って何冊か本を買って帰宅。気になったけど買わなかった何冊かの本の中に、ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様があるんだけど、これ誰か読んだ人いないかな。ずっと気になってるけど、表紙が二次元じゃないことに抵抗があって読んでない。というかメディアワークス文庫はその理由で読んでない本結構ある。爽快爽快とレビューされているから、かえって食指が動かないんだけど、タイトルは相当好きな感じなんだけど。


前回の更新で8日のDJのセットリストを書き忘れていたなーと思ったので今さら。でも、実はばーっと曲を用意していってその時の気分で切り替えただけなので順不同で。1コーラスでガシガシ変えてったので、曲数が増えた。以下のような曲達を誰も聞いてなかったけどかけましたよというリスト。

2011.1.8 秋葉原クラブグッドマン
DJ LiGHT_NoVeL
曲名 / 歌手名 / 作品名
これが海への愛じゃなイカ! / イカ娘 (金元寿子) / 侵略!イカ娘
フライングヒューマノイド / 中川翔子 / 世紀末オカルト学院
押しちゃうぞ!! / AyaRuka / おまもりひまり
ハートの確率 (Main Vocal Saori) / blue drops (吉田仁美, 早見沙織) / そらのおとしもの
ふたりの・ハニーボーイ / 住之江あこ(竹達彩奈),住之江りこ(巽悠衣子) / kiss × sis
Masquerade! / 黒猫(花澤香菜) / 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ひそやかな欲望 〜ミサカは、発生させます〜 / 御坂妹(ささきのぞみ) / とある魔術の禁書目録
星が瞬くこんな夜に / supercell / 魔法使いの夜
タコスぢから=ユメぢから / 片岡優希(釘宮理恵) / 咲-saki-
祝祭のカンパネラ / 佐藤ひろ美 / 祝祭のカンパネラ!
リビングWars / 結城美柑(花澤香菜) / もっとToLOVEる
恋にせっせ通りゃんせ / 柳生十兵衛(悠木碧).真田幸村(釘宮理恵),徳川千(寿美菜子) / 百花繚乱 サムライガールズ
LOVE & ROLL / supercell / センコロール
わんわんディスコフィーバー / 森島はるか(伊藤静) / アマガミ
らき☆らき☆べいべー Danceable Version / 泉こなた(広橋 涼),柊つかさ(中原麻衣),柊かがみ(小清水亜美) / らき☆すた
More-more LOVERS!! / 麻生夏子 / えむえむっ!
ピンキージョーンズ / ももいろクローバー / ヨスガノソラ
Closer / unicorn table / スクールランブル
カンペキWill / 初春飾利(豊崎愛生),佐天涙子(伊藤かな恵) / とある科学の超電磁砲
適齢期なレイディ / 黒井ななこ(前田このみ),成実ゆい(西原さおり) / らき☆すた
超妻賢母宣言 / MOSAIC.WAV / 狂乱家族日記
ボクハ更新サレマシタ / 乱崎雹霞(広橋涼) / 狂乱家族日記
irony / ClariS / 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
寝・逃・げでリセット! / 柊つかさ(福原香織) / らき☆すた
Wishes Hypocrites / 織部まふゆ(藤村歩),山辺燈(豊崎愛生),テレサ・ベリア(茅原実里),カーチャ(平野綾),桂木華(日笠陽子),辻堂美由梨(川澄綾子) / 聖痕のクェイサー
コイノシルシ from Elsie / エルシィ(伊藤かな恵) / 神のみぞ知るセカイ
メロ・メロマンちっく / ララ・サタリン・デビルーク / もっとTo LOVEる
恋の魔法 / Orange blossom[青柳柑奈(MAKO)&藁園文花(石川綾乃)] / こえでおしごと!
発動!! らぶビーム☆ / 杏(真堂圭) / はなまる幼稚園
ハートの法則 / さつき(廣田詩夢) / はなまる幼稚園


そんでこっちは順番通りの15日のCAUCUS
2011.1.15 青山蜂
CAUCUS
1.Sing
2.everything and everything else
3.Modern Boy
4.新曲(JanJaka)
5.新曲
6.新曲(Cloudberry single)
7.in vain you are
8.were to see


うおー。文章沢山書いて疲れた。

stupid_8_beat at 22:02|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

January 14, 2011

Sink So Low / Radio 4

68b8488a
この画像には食いつかざるを得ない。

日記
8日は秋葉原グッドマンにてニッシーさん企画のアニバンデイジにDJ LiGHT_NoVeLとして出演。といってもオープニングと転換のBGMDJだったんだけど。当然ながらオープン直後ってフロアに客はいない訳で。ほぼ無人のフロアで爆音で好きなアニソン聞いたという感じ。割とワンコーラスで次の曲って感じだったし、転換でうるさいことやってもなーと思ったのでLIVEでいじった音源は今回は無しだったので、さくさくと本当にただ曲を切り替えていく簡単なお仕事だった。
ライブに出演していたバンドはどれも素晴らしかった。安達太良妄想族さんはサバスTのギターの人が良い味を出していたし、testiculusのパフォーマンスは笑えた。ボーカルの女子が可愛くて少しドキドキしながら見ていたらその子が脱いでステージから投げたパンツが僕の元に飛んできたのだが、3Dアンチとしての正しい反応としてステージに投げ返してやった。ああいう楽しそうなバンドやりたいなーと素直に思う。Jin-Machineは圧巻。昨年の僕が見たベストライブは東京ボアダムでの非常階段だったが、今年のベストライブ候補に早くも名乗りを挙げたのはJin-Machineだった。最初少し斜に構えて眺めていたんだけど、最後には拳を振りあげていた。ビジュアル系とかコミックバンドとか、そんなチャチなもんじゃねぇ。もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ。という訳でJin-Machineの大ファンになり、東京でのライブを願う者の一人となった。
10日は色々な飲み会が重なり、色々と心揺れ動いた挙句に高円寺にてQちゃんといっきなどで飲む。結果仕事の愚痴をこぼし、残念な感じになる。

今週は粛々と仕事に勤しんでいるけど今週末はライブです。
■2011.1.15 青山蜂
"Connected Ch.5 × TK KNIGHT" vol.13
onnected DJs: Am_u> (HaV A NoiZe DaY), ケースケ(STS), taku, Matt (Grandtrine), ダイスケジョニー・B・フジサワ, PISTA-DEL-SOL(SPIRAL/STS)
TK KNIGHT DJs: 二毛作, ピーナッツ, YUMI, かよーにゃ, ゆきゃりん, HAMAA(Placebo), SIMA, SHIGE, あゆみそ(革命★前夜祭), まりこ(SHOT!)
LIVE: CAUCUS, 石橋遼一郎(MdL/The Quandata)
VJs: 2F:shige(STS / 爆音Perfume), 3F:ドタテツヤ
DANCE: ジョニー・B・フジサワ
物販: JVC Palestine Volunteer team
OPEN15:00 / END21:00
CHARGE:1500(+1D)

というなんだか出演者いっぱいだけど、とりあえずライブやってきます。
コーカスは17:45辺りから3Fフロアでの演奏とのこと。
もし来てくれる人はツイッターなりこのブログなりメールなり電話なり、何らかの形で僕に伝えてくれると予約されます。
宜しくお願いします。


さて、最近読んでいるラノベ。
ちょいちょい色々なんだけど、やっと読み始めたシリーズその1は電波女と青春男。
1巻は何だか入間節だなーと思ってなかなか進まなかったんだけど、2巻以降は引きこまれてサクサク。現在6巻まで読了。女子が可愛いのはよいね。まーちゃんには萌えられなかったけど、前川さんには萌えまくり。今後の話の展開にもよるんだけど、エリオ、リュウシさん、前川さんならダントツで前川さん派だな。あと女々さんは多分3次元なら好きだ。
やっと読み始めたシリーズその2はささみさん@がんばらない。
日日日さんの本は設定が複雑なので、狂乱もそれが頭に入るまでは訳の分からない不快感があったんだけど、こちらもご多分に漏れず1巻の進みは大変に遅かった。でも後半から話が分かってきて、そこからはスピードアップ。ささみさん可愛いよささみさん。日本神話がモチーフというか題材のひとつなので、その辺うるさい僕としてはまあ色々あるのだけど、そういうの置いといて楽しめるのがラノベってもんだと思うので、これはなかなか良い。という評価。今は2巻で止まってるけど、近いうちに追いつく。
本当にやっと読み始めたシリーズのその3はGOSICK。
にしのさんの家のラノベを大量に譲り受けた時に入ってたんだけど、シャナとかに混ざって積みラノベ化していたのをアニメ化を機にサルベージ。アニメの感想とかぶってしまうんだけど、ヴィクトリカちゃん可愛い。というのが主題かな。ミステリーの謎解き部分に関して言えば、やや古めかしい感じはあるんだけど、まあ楽しんで読んでる。まだ2巻なので余り偉そうなことは言えないんだけど、基本的にはこういう感じでホームズ×ワトソン的に進むのでしょうか。読み進めれば分かってくるのでしょう。

アニメ。
不作の冬っていう声も聞こえるけど、まだ1話じゃよく分からないよね。とりあえず1話ざっと見た感想。

IS
素晴らしいテンプレハーレムが期待できそう。これは純然と褒め言葉。萌える準備は万端。

メリー
メリーちゃんの声がなぁ…新人さんらしいけど、慣れるまでは少し時間がかかりそう。OPの感じは大好きなので期待してる。というか応援してる。

マギカ
ひだまり然りなんだけど、シャフトの演出と蒼樹うめの絵は合わないと思う。僕の周りにはシャフト信者が多いんだけど、僕はアンチという訳でもないんだけど、何でもかんでも肯定はできないと思ってて、化物語は勿論大好きで素晴らしかったけれど、あれはあくまでもシャフトの雰囲気に化物語が合っていたということであって、ひだまりはやっぱり全然好きじゃないんですよ。
そういう意味ではマギカも正直微妙。でも話が面白そうなので見るんだけど…今後慣れていくのかなぁ。とりあえずあまり萌えてない。ガハラさんに期待。

ニャルアニ
空気。だが俺は愛があるので見る。アスミスは正義。

おちんこ
予想以上に良かった。続き楽しみ。キタエリ最高。

GOSICK
ヴィクトリカ可愛い。原作読んだので犯人は知ってしまったしなぁ…まあ今週以降のBONESの映像表現に期待。

禁書
先週の禁書は良かった!姫神可愛いよ姫神。

みつどもえ
始まってねぇ。

フリージング
能登。今の所はそんな印象。あと残念乳首。

ゾンビ
おまひまレベルかと冷や冷やしていたが杞憂だったようだ。まずは順調な滑り出し。サラスとトモノリ早く出ないかなー。

ドラクラ
くぎゅのりゅうじって…久々のガッツリ釘宮には期待。OPEDの電波枠は今期はコレか。

レベルE
この文脈で語るような作品ではないと思うんだけど、まあ見てますよ。流石面白い。

Rio
あ、2話目まだ見てないや。見るかどうかまだ分からない。

フラクタル
今見た。A-1ってソラヲトもそうだったけど何かジブリ臭が凄いよね。そういう世界観狙ってるんだろうけど。キャラ原案が左さんだったから、どんなもんかなと思ってたんだけど、こんな感じか。うーん、井口が素晴らしかったので花澤にも期待。

とりあえず好き度合いはこんな感じ。
S 禁書
A GOSICK ゾンビ IS
B マギカ おちんこ ドラクラ メリー
C フラクタル フリージング みつどもえ レベルE
D Rio ニャルアニ

stupid_8_beat at 01:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

January 05, 2011

Low Down? / GROUNDCOVER.

f5aab9bc
今年も宜しくお願いします。

さて、旧年中から新年にかけての日記など。
クリスマスは仕事終わって自分へのクリスマスプレゼントにアニメイトで傾物語とニャル子ドラマCDを買ってはーちゃんの家へ。主にハードコア関連かつアニメ寄りの方々とパーティーライクな一夜を共に。結構酔ったので記憶なし。次の日は体調を激烈に崩す。そろそろ自分の酒量をわきまえて飲むということを覚えないと。
年末はスタジオラッシュを切り抜けて、29日はベルパン忘年会に参加。経堂で焼肉を食す。姫野さんの相変わらずっぷりが半端なかった。楽しい人達である。この日は酒量もそこそこでいい感じに帰宅。
30日の89secスタジオを終えてから鶯谷のはーちゃん家に集合。職場の同僚ノブ君と岡山君というコミケチームも合流して、最終作戦会議。今回はROM版のカタログでサークルカット入りの配置図を作成したので、より便利に綿密な行動予定を立てる。思えば前回はわざわざイラレで配置図を作った。午前3時くらいまで仮眠をとって、その後タクシーで行動開始。4時前くらいからビックサイト前で並ぶ。今回は列が確定するまでがとても早かったので体力を必要以上に消耗することもなく、昨年の記憶も新しい寒さとの戦いが始まる。と言っても、当然防寒対策はしてあったし、夜が明ければ段々と気温も上がってきて、心配していた雨もなく、至って平穏なコミケのスタートだった。ただ辛かったのはトイレ。国際展示場駅からビックサイトに至る途中のトイレが大は2時間待ち。全く余裕のある状態で、今のうちにと思って並び始めた自分の英断を褒めたい。僕の前では顔面蒼白でうずくまる人、もう何だか臭っちゃってる人など、阿鼻叫喚の光景であった。彼らに幸あらんことを。
10時の拍手は入口入って西に降りるエスカレーターの手前辺りで。もうこの辺も手慣れたもので、自分の担当区域である西館にもスムーズに侵入。目的のサークルをまわる。1つ目は順調だったものの2つ目はやはり長蛇の列。スロープをひたすら最上部まで登って息を切らせたりしながらもまずまずな感じで東館へ。他のサークルを担当していたメンバーと合流して戦果を報告。精算。一つだけ目的のものが買えなかったけど、9割9分の成功率で一息つく。あとは島中をぶらぶら見たり、企業ブースをひやかしたり。企業は今回何も買うつもりなかったのに、朗読少女の画集にテンションが上がって買ってしまった。昼過ぎにはビッグサイトを離脱して鶯谷へ。軽く祝杯を上げてから仮眠。
夕方に起きて二万電圧へ向かう。望月さんやオサベや宮脇さんと駄弁りながら自分の出番を待つ。久しぶりのライブだったけど、リハが無かったのもあって中音はまずまず。でもPAがヒサツネさんなのできっと外音は素晴らしいことになっていただろう。自分のプレイ的には1曲目のドラムに全く入れなかったこと以外は良かった。PCの調子も良かったし、順調にバンドとして進化して行けたらいいなと思う。
終演後は見に来てくれたCAUCUSの柳川君ひろこちゃんなどとだらだらと話し、GROUNDCOVER.で年越してテンションも上がり、コバさんや銀河とさらに飲んで、夜半に銀河メガネとグッドマンに向かう。エラい時間をかけて着いたいつもの庄屋では大量の人が酔っ払っており、僕も正しくその中に混ざってヨシュアのアイ君やバチケンさんと下らない話をしたのだった。朝方に皆で神田明神に行く流れになってたけど、前夜に列に並ぶことにもう飽きていた僕は帰宅を選択。家帰って寝た。
1日夜には地元で高校時代からの旧友ハルカと飲む。互いに30になった今、12年前の冬を懐かしむ。そうだった。俺は菊地さんっていう女の子のことを好きだったんだ、でも菊地さんには彼氏が居たんだとか思い出した。
3日はグッドマンでスワッピングこと新年会。僕はチームカシマで1番目。銀河とのツインドラムで、もっとやり過ぎる予定だったけど、案外ちゃんとまとめてしまったかな。クラモトさんがやはり存在感満載。カシマさんも、ギターのmorningsジュンヤ君も、ベースのオサベもお疲れ様。僕は二万時代からスワッピング出続けてるんだけど、そろそろチームエンドウがあってもいいと思うんです。他のチームではカイタの所が素晴らしかった。ヒラサワさんは最早職人芸。ヒサツネさんとこはカッコいいアランスミシーのライブみたいだった。何を弾いても自分の音になるというのは凄い。打ち上げに何となく参加したら終電を見事になくし、はりえと高円寺に行ってせい家食べてはりえの家で寝た。

そういえば、昔はりえの家っていう言葉が僕の日記に頻出していた頃、「はりえ」を女性だと思って、僕にそういう関係の女性がいると勘違いをしていた方がいたという話があったけど、念のため「はりえ」は男性です。そして、最近「はーちゃん」を女性だと思っている方もいるというのが明らかに。念のため「はーちゃん」も男性です。僕は女の子の家に入り浸っていちゃいちゃしながらアニメなどを観ている訳ではありません。30過ぎたおっさん二人で「あいなまは正義!」とか「かな恵ちゃんと結婚したい」など痛い発言を夜通ししているだけです。リア充への道は遠い…


告知。
2011.1.8(sat) 秋葉原CLUB GOODMAN
"アニバンデイジ!vol.1〜踊ってみたらいいじゃなイカ〜"
Band
◆Jin-Machine(ニコ動”偽”ヴィジュアルバンド)
http://com.nicovideo.jp/community/co337162
◆testiculus(第二文芸部トリビュートバンド)
http://ameblo.jp/testiculus/
◆安達太良妄想族(雑食系アニソンバンド)
◆みあ(アイドル・特別出演)
http://ameblo.jp/aririzumu/
DJ/Dance
◆DJ. LiGHT_NoVeL(ex-VELTPUNCH)
http://blog.livedoor.jp/stupid_8_beat/
◆とらおふ!(踊ってみたダンスチーム)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5083124

つーこって。またDJやります。オープンと転換だけなのですが、色々と仕込むネタは今作っているので、よろしければぜひ。
コメントとかくれれば予約に入れておくので宜しくお願いします。


2010.12.31 東高円寺二万電圧
89sec
1.thaasday(silent noise ver.)
2.resin-cast
3.kronickle



ラノベ。
ソーシャルライブラリに登録をしたので、→のブログパーツで最近何を読んでいるかを分かるようになっております。傾物語が素晴らしかった。化物語でまさかタイムリープ話が読めるとはというのもあるし、忍ちゃんとのデレ甘ないちゃつきも最高だった。電波女とささみさんは今年最初にハマっている二つの作品。良い。お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね、略称おにあいはまだプロローグなのでまだ何ともっていう感じかな。
今月は読む物が沢山あって楽しみ。

アニメ。
結局秋アニメの総括などもしていないまま年が明けてしまったなぁ。と思ったので、簡単に振り返る。
イカ娘
面白かったし、可愛かった。でもそれ以上ではないかな。

ヨスガ
本当に最後の最後で大好きになった。エロの表現ばかりが取り沙汰されていたけど、そういうことは置いておいて素晴らしい作品だと思う。近親愛の行き着く果てというテーマにおいてはツイッターにも書いたけど田舎での話ということも相俟って夢野久作に通じるものを感じた。ただ、最初から通してソラ編をやってくれていたら…という不満はやはりある。キャラとしては瑛も好きだけど、あくまでも舞台装置に過ぎないし、お嬢なんてソラ編(本編)には必要ないし。エロゲ原作でアニメを作るに当たっては色々な手法があるんだろうけど、ただ可愛い子を攻略していくだけじゃなくて、テーマがきちんとしているものならやはり一本道で話を作ってほしいなと思う。

もっとToLOVEる
こちらは肩の力を抜いて萌えまくった。ヤミカンペロペロ。

神のみ
実は汐宮栞編の途中で止まってて最後まで見てない。エルシィは可愛いんだけど、栞の文字通りの文学少女っぷりというか天野遠子っぷりが何となく入り込めずに止まっている。まあ近いうちに最後まで見るけど、何てことは無かったかな。

アマガミ
スト子編良かった。でも絢辻さんが好きだなー。こちらもヨスガと同じでほぼこれが本編なんだとしたら、もう少し時間かけてやって欲しいなと思ったり。まあヨスガ程は本編感ないといえばないけど。あとはみゃー編を!頼みます!

ミルキィホームズ
完璧。最高。褒め言葉が見つからない程良かった。一人で見てて声上げて笑うアニメって実はなかなかない。放送前の期待が全く高くなかったのもあって、毎週どんどん深みにハマっていった。こころちゃん可愛い。

禁書
原作厨として色々言いたいことはあるけど、まあレベルが違いますよね。

そらおと
本当に好き。ギャグとシリアスの配分も僕好みだし、きちんと話ができてる上で想像の斜め上を行くくだらないギャグをやってくれるのは良い。ニンフ可愛いよニンフ。劇場版楽しみ。

パンスト
何だかんだ悔しいけど最後まで見てしまったな。二期ありきみたいな終わり方してたけど、どうなんだろ。

FA
何だかんだ楽しんで最後まで見た。むしろこちらはもう少しエロに挑戦して欲しかったような。萌え要素は少なめ。

えむえむ
うーん…これでいいのかなぁ?という印象。悪くないんだけど、他に面白いアニメが色々あったからかいまいち目立たないまま終わってしまった。まあでも美緒様にはしっかり萌えているのでいいんだけど。

俺妹
何行あっても足りない程書きたいことがあるけど、あのキャラクターが動いているっていう感動以上のものは無かった。やるなら中途半端なことはして欲しくなかったなー。仕方ないのかもしれないけど。

百花繚乱
ぐつぐつさんの為に最後まで見た。話はまあ…結局よくわからなかったけど可もなく不可もなく。原作読もうと思ってる。


こんなトコロかな。
一応2010秋の嫁ランク、2010総合嫁ランクは出来ているんだけど、画像探すのがめんどいのでまた次回。

冬アニメの視聴予定
ゾンビ/ドラクラ/レベルE/Rio/フラクタル/マギカ/IS/メリー/禁書/ニャルアニ/ゴシック/おちんこ/みつどもえ/フリージング
14本だけど、まあいくつかは切るでしょう。11280111


stupid_8_beat at 02:20|PermalinkComments(11)TrackBack(0)
archives
coments