December 21, 2010

Dead / Pixies

f6e9a7e8
その通りだ。

先週木曜は職場の忘年会で泥酔。渋谷で霜降り肉を食った後になんか3時くらいに鶯谷に行って結局酔いつぶれて顔に落書きなどされる。次の金曜日はそれは酷い二日酔いで、リハがないことに感謝しながら夕方まで惰眠を貪って、高円寺HIGHでCAUCUSのライブ。
ライブ見に行ったことや打ち上げに出たことは何度かあるけど実は初出演のHIGH。楽屋裏とかが忍者屋敷のように入り組んでて探検しているだけで楽しかった。音は予想通りに綺麗過ぎてやりづらい系。ステージも広いし、Gの加藤君がえらく遠くに感じたのもやりにくかった。妙に澄んだ空気の中でその雰囲気に飲まれて何だか大人しく淡々としたライブをしてしまった。後ほどひろ子ちゃんに言った言葉で言えば、ヘルプのドラマーとしての最低限のライブくらいのクオリティ。Secoの時はもう訳分かんなくてガシャガシャやってたけど、それはそれでメンバー感の片鱗みたいなものは出せたんじゃないかなとも思う。演奏を間違えずにしっかりやること=いいライブではないっていうことに気付いて久しいけど、なかなか難しいなぁ。これはベルパンでもまあ割と常にあった問題ではあるんだけど、不思議とsix o'minusではあまり感じていなかったことでもある。どれだけそのフレーズや曲全体が自分の血肉となっているのかの差なのか、単にsix o'minusでは自分に甘かっただけなのか。分からないけども。
終演後はHIGHで軽く打ち上げ。最近やっとCAUCUSのメンバーのことに詳しくなってきたよ!

土曜にスタジオ入って最後のクリック練をして日曜にはCAUCUSのレコーディングで吉祥寺GOK。ライブを見に行ったことはあるんだけど、当然ながらレコーディングは初めてで、噂の全編アナログRECを堪能。スタジオの雰囲気も相俟って音は良い感じに聞こえた。ベーシックはギターまで入れての一発録りなんだけど、大して緊張もしなかった。後半少しハマりそうな予感もしたんだけど、割と早々に自分OKを出して満足。ギターのオーバーダブ中にベースのテツ君とGOKのラウンジから下らないUstを垂れ流す。Ustアカウントは大分前から持ってたんだけど、初めてちゃんと配信をしてみたら案外面白かったので、今後ちょいちょいやってみようかなと思ったりもしてみる。見てくれた人がいたらどうも有難うございました。
で、WARPの近くの居酒屋で飲んで帰宅。ちなみにこの日に録った曲は来年にアメリカのCloudberry Recordsというレーベルから7inchでリリースされる模様。



空色パンデミックshort storiesを読了。
このシリーズはこのくらいが自分にはちょうど良かった模様。とても面白く読めた。言ってみればひたすらパロネタではあるんだけど、3巻辺りの雰囲気がどうにも苦手だったので、軽く流して読める感じが好感持てた。個人的には森崎がちょっと便利屋過ぎるのが残念だった。もう少し話に絡んで来るときっとラブコメ的な面白さが出来てくるんじゃないかな。勿論ラブコメを描く作品ではないので、不要っちゃ不要な要素なんだろうけど、コメ過剰なものよりも少しシリアス厨二寄りの中でこそラブコメは映えると思うのは禁書辺りが証明していることで、仲西と結衣さんと青井との三角関係に例えば森崎が絡んだりしたら…のifを想像して一人でニヤニヤしてみたり。お気にキャラの今井さんが影薄いどころか完全に腐女子になっていたのは面白悲しかったが。空パンはシリーズ完結なのかなぁ。それとも空想病っていう素材はそのままで別エピをやるのか、ドラマCDも実は気にしているのですよ。来月は金が飛ぶな…

電波女と青春男
先日の僕の自慰的ラノベアワードではノミネートもされなかったんだけど、ちゃんと読み始めたのが最近だからという理由もありで、ここのところはちゃんと読み進めている。勿論著者が著者なので凡百のそこらのラノベよりは面白いし、とても濃いなぁという印象はあるんだけど、それだけに疲れる。僕の中では本当にみーまーというのは鬼門で、ラノベハマりかけの時に読んで、入間先生の文章も苦手だし、左さんの絵もそれに伴ってなんかもう、なんだかなぁという印象で終わってしまった作品。最近になって左絵で言えば日日日のささみさん@がんばらないを読んで、入間×ブリキの電波女を読んで…と僕の中の苦手コンビがそれぞれ別のことをやっているのを読んだ訳だけど、どっちもそれなりに面白いのは面白いなーと思う。ブリキさんの絵に関してはまあ勿論素晴らしいと思うし、僕は友達が少ないは御多分に漏れず僕もジャケ買いから入っている。いるんだけども、好みの絵かっていうとそうでもない訳で。ラノベの面白い所ってやっぱりイラストの比重の大きさとかもあると思うので、そういう組み合わせの妙がハマっていると、それはそれでそういう観点では良い作品だなぁと思ったりする。
ちなみにラノベ絵師さんで好きな人に関しては僕はミーハー感は否めないので、かんざき/白身魚を筆頭にして溝口けーじ/灰村があって、ブリキって感じかな。菊池政治とか要河オルカとかもまあ好きだけれども。と、この辺の名前を並べてたら、ああ、もうすぐ冬コミですな。と急激に思えて来た。
電波女は今の所2巻まで読了。
先に、深山さんちのべルテインを優先で行っちゃおうと思っております。


!告知!
2010.12.31(fri) 東高円寺二万電圧
東高円寺二万電圧presents "YEARS END HIT PARTY"
89sec, GROUNDCOVER., HUH, WORMS' MEAT, TOKYO YANKEES, 新宿心音会板谷祐, JOLLY PICKLES, MAD ANGLER, シネ, and more...
open/ 17:30 start/ 18:00
adv/ 1,500yen door/ 1,800yen (+drink500yen)

7月の京都ライブ以来の89secのライブが決まりました。6月の高円寺DOMでの深沢追悼ライブでのプレライブ、7月の京都METROでの鯨とヤーヤーボールヤー企画に続いての3本目のライブが大晦日の二万なんて、何だか結成以来濃いイベントにしか出てないなぁと、そもそもこの対バンの濃さは何だ…と、自分でも思うのですが、久々のライブなので純粋にとても楽しみです。東京でのライブハウスデビューが二万だなんて幸せにも程があるので、気合充分でやってまいります。ちなみに89secは僕がドラムとスクリーム、Baがex-ENMANOVAのタキモトさんでex-six o'minusのメイコがKey、さらにダブミキサーの機材マニアトラック野郎清水君という編成のゆるふわ日常(嘘)DUBバンドです。
大晦日は各地で色々なイベントもあるとは思うけど、僕らは年越しにはかからない、恐らく21時頃の出順なので、掛け持ち歓迎でぜひ見に来てほしいです。

ちなみに年明けは3日に秋葉原グッドマンのSWAPPING!、8日には同じグッドマンでいつものニッシーさん企画のアニメイベントにDJとして出演予定ですが、そちらはまた改めて。



2010.12.17 高円寺HIGH
CAUCUS
1.sing
2.modern boy
3.新曲(JANJAKA)
4.新曲(painsofbrokenheartofscenewovox)
5.were to see

stupid_8_beat at 01:14|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

December 12, 2010

Love Forever / New Age Steppers

mm1
CAUCUSのオフィシャルで配信中のマンガに僕が出てますよ。
www.caucus.jp/

日記
3日はアキバで色々とラノベなどを仕入れた後に下北へ移動してGARDENに。スターボードを久々に見た。あんまり変わってない印象。でも、変わらないことでいいバンドもあるなと思う。以前にも書いたけどドラムの方は僕が大好きだったバンド、'elseのドラマーさんなのです。同期の曲やってたけど大変そうだったなぁ。ベルパンはナオキさんのドラムがナオキさん色になっていた。最近CAUCUSを始めて、改めて他人のドラムフレーズを演奏することの難しさを感じる。僕は割と最初に諦めてしまうので、どうやって自分の色を出そうかを考えてしまうんだけど、守らなくてはいけないラインってものもあると思うので、そこを探りながらになるか。ベルパンの2ndアルバムの曲などは大体そういう曲なんだけど、前ドラムの方が叩いていたバージョンを聞くとやはり全然違うと思ったりもするし。まあそんなことを考えながら、highered-girlのひぴこさんに挨拶したりしつつでERAに移動。マヒルノ赤倉の新バンドLOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSに最後の一曲だけ間に合う。1曲だけの感想でいうのもアレだけど、もっとポップかなと思ってたら全然そんなことなかったぜ。そのうちじっくりちゃんと見たいなぁ。
地元まで帰って来て戸塚のファミマで涼宮ハルヒの籤引にはーちゃんのファンネルとして出陣。2万円ぶち込んでハルヒと長門が出ず。3体のみくるを抱えて途方に暮れて帰宅。

4日は渋谷でスタジオ入った後にCAUCUSのライブで渋谷SecoBar。初めて行ったクラブだけど結構広くて雰囲気良かった。ライブ用の機材がもう少し良ければここでライブも面白いかもと思ったり。ライブ自体はまあ緊張もしたし、色々展開飛んだりもあったけど、そこら辺は上手くまとめてまずまずな演奏が出来たのではないかと。しかしながら他のメンバーの演奏に気を配る余裕は無かったので、バンドとしてのライブがどうだったのかはわからない。カンノさんに褒めてもらったのが嬉しかった。柳川君と色々話したりして、CAUCUSは暫くライブもいくつかあるしレコーディングの予定もあるので、予定的にはメインになっていきそうな感じ。
その後はNYから来たというルーカスというテープノイズのDJの人のライブが凄く良かったんだけど、それを見た後に西荻窪に移動。FLATで行われていたライブの打ち上げに結局朝方まで参加。DIGZIGとGROUNDCOVERのメンバーに挨拶も早々にはーちゃんにハルヒ一番くじセット(この日ずっとキャリーで持ち運んでいた)を引渡して飲む。

5日は仕事の後に吉祥寺へWARPのモーニングス企画に全く間に合わなかったけど、とりあえず打ち上げだけ参加しに。WASのライブ見たかったなー。久々にあった菊地君は相変わらずだった。打ち上げではWARPのりんちゃんを口説こうとするworst tasteマオを鑑賞し、コトブキヤで仕事をするmorningsラリーに如何にグッドスマイルカンパニーが我々オタク心をくすぐっているかという話をして凹ませ、隣のブースのリア充のカバンにゲロをぶちまけた菊地君の介抱をした。そして始発で戸塚に帰るべく4時半頃に店を出て、吉祥寺→東京→八王子→東京→戸塚というコースで帰宅。家着いたの10時近かった。

6日は新宿モーションにて来来来チームの企画。例によって遅れて鍋は食い損ねる。GROUNDCOVERのライブは良かった。それがコンセプトなので仕方ないが、座って見る不完全燃焼感。まあそれも良し。久々に見たmusic from the marsは良かった。藤井さんは大変なエンターテイナーである。来来来は安心のグダグダ感。RFU的内輪ノリ感がもう少しこなれて来るといいのかもしれないなと思ったり。泰平を擁している以上はがっつりやってほしいですな。ライブ中は主にシベールのマサ君と、終演後はグラウンドカバー、鹿島さんなどと喋る。

8日は仕事後に高円寺いっきで当間さんと飲む。音楽の話とアニメの話。iPadがどんどん欲しくなってる自分がいる。


告知
12.17(fri) 高円寺HIGH
"Plastic Girl In Closet presents Kitten’s Spoon"
CAUCUS, PLASTIC GIRL IN CLOSET, aM, NIRLGIRL
open / start 18:30/19:00
adv. / door 2,500/2,800 (plus 1 Drink 500)
#当日ご来場の皆様先着にて12/15配信限定シングル[Plastic Girl in Closet / Raspberry..
何気に初めてのHIGH。頑張ります!


2010.12.4 渋谷Seco Bar
CAUCUS
1.in vain you are
2.everything and everything else
3.modernboy
4.新曲(JANJAKA)
5.新曲(painsofbrokenheartofscenewovox)
6.sing
7.were to see



そして、DJライトノベルを名乗っている以上はライトノベルのことを語ろうと思って今年から賞を新設しました。
DJ Light-Novel's Light-Novel Award2010です。
対象は今年1年で僕が購入したラノベ。発行年は関係ありません。あくまでも僕が今年読んで面白かったタイトルっていう話です。だから当然過去に発行されたものも含まれています。あと、西尾維新は何となく外しました。
2010年の該当作品一覧はこちら。

僕は友達が少ない
まよチキ
機巧少女は傷つかない
神明解ろーどぐらす
三流木萌花は名担当!
這いよれ!ニャル子さん
桐咲キセキのキセキ
ふぁみまっ
いちばんうしろの大魔王
六畳間の侵略者!?
迷い猫オーバーラン!
僕とヤンデレと7つの約束
曲矢さんのエア彼氏
ささみさん@がんばらない
これはゾンビですか?
生徒会の一存
1×10 藤宮十貴子は懐かない
東京皇帝☆北条恋歌
妄想少女
らき☆すた
末代まで!
ストライクウィッチーズ -スオムスいらん子中隊シリーズ-
バカとテストと召喚獣
文学少女
狂乱家族日記
ココロコネクト
空色パンデミック
とある魔術の禁書目録
ヘビーオブジェクト
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
十三番目のアリス
ねこシス
ゴールデンタイム
とらドラ!
さくら荘のペットな彼女
扉の外
ツァラトゥストラへの階段
七花、時跳び!
電波女と青春男

レーベル別の数でいうと、電撃12、スニーカー5、MF5、ファミ通5、富士見ファンタジア3、GA3で、HJとガガガとスーパーダッシュが2づつ。
こうして並べると壮観です。でも意外と少ない気もするかな。もっと読まないとダメだなと思うので、来年はタイトル数を増やすことを頑張ります。
この中で作品賞ノミネートはこちら。

僕は友達が少ない
這いよれ!ニャル子さん
生徒会の一存
東京皇帝☆北条恋歌
ココロコネクト
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
七花、時跳び!
とある魔術の禁書目録

どれも今年夢中になった作品です。とらドラとかはやっぱり僕の中で去年なので、スピンオフ買ったのはあるけどあえて外し。なんとなくアニメ化して人気の作品とかはフェアじゃない気がするので、少し選びづらい感じはあるんですけど、俺妹と禁書に関してはもう仕方ないくらい原作ファンなので、これは外せず。このラノとかとかぶるのは癪なので、何とかならんかなと思ったけど、やっぱり結構かぶった。多くの人がいいと言ってる物はやっぱりいい物は多いと思う。で、ひとつだけ選ぼうと思ったんですが、やっぱり難しくて5位まで順位を付けて、こちらの順位

【作品部門】
1.とある魔術の禁書目録
2.僕は友達が少ない
3.ココロコネクト
4.七花、時跳び
5.俺の妹がこんなに可愛いわけがない

1.禁書はもう仕方ない。何とか外そうと最初は思ってたんだけど、最終的に考えてやっぱり圧倒的に他を引き離して夢中になってる。実は最近のロシア編は冗長な魔術描写が少しきつい所があって、15巻や19巻を読んでた頃のハマり具合よりは少し冷静なんだけど、それでもやっぱり好きなことには変わらない訳で。ロシア編終わったから次巻からどうなるのかはやっぱり楽しみ。
2.はがないは今年読んだ中ではやっぱり上位には来る。最初は偏見持ってたんだけど、こういう日常系はさらっと読めるし、さらっと読める話ってことは結局文章力が高くないとっていうことだと思う。そういう意味で色々上手いなと思う感じは凄い。ブリキさんの絵あってこそっていう声も分からなくはないけど、それ無しでも面白い。
3.ココロコネクトはジャケ買いから吃驚する程ハマった。はがないとは逆にこちらは正直イラストの力は大きいとは思う。でも、毎巻毎巻色々なネタを考えてるし、ヒトランダムが一番分かりやすくて面白かった感はあるけど、次の長編とかで一気に化けてほしいとも思う。期待。いおりん可愛い。
4.七花は完全にタイトル買い。タイムリープモノかーと思って買って一気にハマった。七花も可愛いし、今の所全く噂もないけどぜひとも続巻を出してほしい所。この中では一番知られてないと思うけど、超オススメ。
5.俺妹ももう仕方ない枠。正直アニメの完成度がそこまで高いとも思わないけど、やっぱり桐乃や黒猫が動いてる所はいいなと思って見てしまう。最新刊最終ページでの黒猫と恋人になったっていう引きもあって、続きはものすごく気になってる。個人的にはあまり引き伸ばさずにまとめてほしいなとも思うけど、果たしてどうなるのか。

で、ひき続いてヒロイン賞。やっぱりアカデミー賞とかでも盛り上がるのは女優賞だしねという訳で、ノミネートはこちら。

三日月夜空(僕は友達が少ない)
涼月奏(まよチキ)
ニャル子(這いよれ!ニャル子さん)
椎名深夏(生徒会の一存)
愛藤四菜(東京皇帝☆北条恋歌)
工藤愛子(バカとテストと召喚獣)
乱崎凶華(狂乱家族日記)
永瀬伊織(ココロコネクト)
絹旗最愛(とある魔術の禁書目録)
黒猫(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
七花蓮(七花、時跳び)

イラストの力っていうのは無いわけでもないんだけど、純粋に文章で萌えたっていうので考えるとやっぱりこの辺かな。イラストやキャラデザはいまいちだけど…っていう子も結構います。で、結果。こちらも5位まで。

【ヒロイン部門】
1.黒猫
2.ニャル子
3.乱崎凶華
4.三日月夜空
5.愛藤四菜

1.黒猫はやっぱり高校生になってからのエピソードの破壊力がいちいち凄い。あのキスの話とか含めて、悶える程に萌えた。ルリルリ可愛いよルリルリしか考えられない人間に成り下がった。次巻は当然の黒猫無双を見せてくれてきりりん涙目な展開を期待している。あれ?地味子?それ誰だっけ?
2.ニャル子は萌えというよりも好きっていう感じか。正直アスミスの力は凄くあると思う。あの手この手でマヒロさんを落とそうとするニャル子はとてもウザかわいい。人じゃなくてニャルラトホテプだけどね。
3.乱崎凶華はある意味↑のニャル子と同じ枠か。こちらも人じゃないし。ニャル子も凶華様もまず大事な要素として、チートキャラであるっていうことがあると思う。ハルヒなどもこの枠に入れてもいいと思うんだけど、圧倒的な力を持っていて無敵であるのに、そういうキャラが恋をしていちいち悩んだり照れたりっていう構図が僕は大変に好きなのかもしれない。ニャル子はまたそういう意味では違うか。何だかんだ言って凰火さんラブな新妻凶華様に俺がラブ。
4.夜空が髪切っちゃったのはとても残念だった。暴言吐く女の子って好きなんだよね。最近は肉派が多い中で僕は一貫して夜空推しを続けている。確かに肉は可愛いし萌え要素満載だ。小鳩が好きというのも分かる。俺も好きだ。だけど、はがないのメインヒロインは夜空であってほしいというこの俺の気持ち、分かるかなぁ。小鷹レースではリードしているはず。最新刊の最後の引きからのドロドロで恋愛関係が一気に進むことに期待。
5.しぃなちゃんは滑りこみでコココネいおりんを押さえてランクイン。完全にバカ萌え。そもそも東京皇帝は来珠も恋歌も一斗への愛が重過ぎてどんよりした気分になるから、萌え対象としてはどうしてもそこから作中のヒロイン感は一段落ちるゆかり子に目が行くんだけど、キャラ的には僕はしぃなちゃんの方が好き。九州行きはぶられて、新皇帝側についてたのをあっさりとまた裏切った時など、たまらなく惚れた。リセとしぃなが居れば僕はこの作品を読んでいける。

という訳で、全く誰も得することのない完全な僕のオナニーである、DJライトノベルのラノベミックスでしたが、DJもまたやります。新年明けて1月8日に秋葉原グッドマンにて。どうやら転換DJの模様ですが、逆にその方がフロアの盛り上がりなど考慮せずに好きなものを掛けられるかもしれないと思っています。詳細出たらまた。


これをまさか最後までちゃんと読んだ人がもしいたら、ぜひコメントしてね。

stupid_8_beat at 02:17|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

November 22, 2010

i want water / African Head Charge

321312
なかなか行きたいライブなどに行けない毎日。

告知。
2010.12.4(sat) 渋谷Seco Bar
"Short Pants Party 2.0"
?2000 w/flyer ?2500 door + 1 drink
LIVE TIME 21:00 ~ 24:00
CAUCUS, THE NEW HOUSE, MOP OF HEAD, TWEE GRRRLS CLUB, TOMHARU
DJ TIME 24:00 ~ 29:00
BAZZ [ROC TRAX], MOMOKO, DUSTY JOHN THOMAS, CHERRY BOYS, SMOOOCH [bunny.], RELOAD RELOAD, SOCCERBOY, DA MONDE, GYPSY BADMAN, 9/11s
Seco Bar) http://110.50.210.122/
iflyer) http://iflyer.tv/seco/event/72191-SHORT-PANTS-PARTY-2.0/

CAUCUSというバンドでライブをやります。
元々ギターの柳川君とベースのテツ君はアニメ話仲間として認識してたし、テツ君は去年の大晦日の冬コミで、朝方に駐車場の列の中で寒さに震える僕にカイロとおしるこを差し入れてくれた熱い男。急に電話もらって、とりあえずスタジオ入ってみましょっかっていう流れであれよあれよとライブなどいいのかなーとも思うけど、まあ楽しんでやろうと思います。
どうやらクラブ的な所でリア充外人が沢山来る…というくらいの情報しか持っていませんが、新曲なども(僕にとっては全部新曲だけど)やるのでぜひぜひ。とにかく頑張りますよ。


アニメ
色々見てるのを全部書いていくとキリがないので少しだけ。
とある魔術の禁書目録
の脚本?構成?に疑問を禁じ得ない。原作8巻の内容を2話にまとめるっていう時点で嫌な予感はしてたけど、好きなシーンや台詞がガシガシ削られていくのはきつかった。
というか、上条さんと偽海原との話を美琴が聞いてデレデレになるってのを1期でやっておいて、その解答編とも言える「御坂美琴とその周りの世界を守る」っていうのを削っちゃってどうするのと。それがを半分だって黒子に言われて、じゃあ残りの半分を…って出て行ったのに美味しい所を一方さんが持っていくから、ラストの禁書さんとの会話に繋がるんでしょ。その辺の一連の流れが全部省かれて早口言葉の話になってるとか。
8巻は黒子主人公ってこともあって、美琴の描写も多いけど、美琴が上条さんに惹かれていく過程を丁寧に描かなかったらまた後で変に整合性が取れなくなっちゃうと思うんだけど。そもそも最後のビンタを黒子にさせたのも分からないし。さらになんか黒子助けるシーンは落ちてくる瓦礫を上条さんが駆け上ってたけど、美琴はまだしも上条さんはそんなことできないだろ。どうして原作通りにビルぶち抜いて道作らなかったのかの理由が分からない。理由があって改変するなら大歓迎なんだけど、話が変わっちゃいけないとは思う。改変するならもっと上手くやってくれよ…と思うのは決して間違いじゃないよね?
あわきんが3期でグループメンバーとして大活躍してくれるのを期待するしかない。大覇星祭はきっちり頼みますよ。

ミルキィホームズ
がマジでヤバい。1話見るまでは朝アニメかよwwwと思ってたけど、こんなの朝に放送できない。異常なテンポの良さと恐らくパロネタを何か入れなきゃ死んじゃうんだと思うスタッフと、とにかく今期声上げて笑ってしまうアニメはコレくらい。クズ揃いのミルキィホームズチームはコーデリアさんの狂気が好きだけど、G4メンバーは全員普通に好きだし、とにかくこころちゃん可愛い。毎週楽しみにしてる。今期のダークホース。

俺妹は今日のオリ展開で評価を決めようと思ってる。


ラノベ
神明解ろーどぐらす3巻まで読了。
なんか2巻までと雰囲気変わったんですけど。二重人格かー、そこ行ったかー!という感じ。ほのぼのハーレム日常をだらだらやるのかなと思ってたから、急にそんな展開で吃驚。キララ萌えだったけどまりもが不憫過ぎて堪らないので暫定的にまりも派になった。というか、ウキウキなまりもが可哀想すぎて胸が締め付けられるような、うあー!って感じになる。こんなの萌えらんねぇ。

6畳間の侵略者!?6巻まで読了。
キリハ巻ということでこれでひと通り一人づつのヒロインを掘り下げ終わった訳で。まあ確かに面白いとは思うんだけど、逆にこっちは萌えることしかできないというか。キャラは魅力的なのにそれを話が活かしきっていないような感が否めない。HJ文庫って他にいちばんうしろの大魔王しか読んでないんだけど、そういえば大魔王もそんな印象だった気がする。イマイチ誰萌えとか決めきれない理由もその辺か。アニメ化しそうだけど、少なくとも今巻までの内容なら微妙だろう。


ラノベを最近はレーベルで割と分けて考えてるんだけど、まあ電撃は大手だし色々あるよなーということにして、盛り上がって来てるのはMFだと思う。はがない、まよチキを初めとして機巧少女も上記のろーどぐらすもあり、あそいくとかえむえむとかのアニメ化もありで、凄く楽しみな展開。少し前まではゼロ魔しかない印象だったんだけど。個人的に好きなのはファミ通。ココロコネクトはこのラノでこんなに取り上げられるとは思っていなかった。盛り上がるといいなと思いつつも自分だけが知っていたバンドがメジャーデビューしてしまうような喪失感も感じたり。
スニーカーやHJやGAやスーパーダッシュはちょいちょいな感じで読んでるけど、そういえばラノベってレーベル買いってないなぁ。


そろそろ冬コミのことも考えなくちゃ!
vlanime037669


stupid_8_beat at 00:59|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

November 15, 2010

encontro / pasadena

jkhkjg
もう俺ロリコンでいいや。

日記
先週金曜は新しくなった二万ボルトへ。東高円寺。仕事終わって完全に間に合わない感じで涙目になりながら東高円寺に降り立ち、とりあえず2番出口出て左へ向かう。ひたすら青梅街道を進む。さすがにこの辺にあるなら東高円寺二万電圧じゃなくて新中野二万電圧と名乗るべきでは?という辺りで、やっと道を間違えたことに気づいてまたひたすら青梅街道を戻る。駅近でした。
入ったらもうGROUNDCOVER.がやってて、知ってる人もいっぱいいて、とりあえずとるものもとりあえず楽しんだ。ライブめちゃくちゃ良かった。僕が見れなかったbossstonのライブを見た何人かが今までのボストンで一番よかったと言っているのを聞いて、見逃したことを悔やんだり。
新しい二万は少し狭くなったけど、個人的には凄くいい感じ。音もいいなぁと思ってたら、PAが旧二万で散々お世話になったヒサツネさんだった。道理で。ライブ終了後にステージを片付けていたヒサツネさんに挨拶させてもらって、そしてここでライブをやって彼にPAをやってもらう為にもバンドを頑張ろうと思った。目に見える目標ができたのは喜ばしいことだ。

で、それ以外の日は主にスタジオ。年明けにはライブやれるように色々頑張りたい。


アニメの感想軽く
俺妹
期待通りくらいに面白い。黒猫のウッウーウマウマが見たかった。地味子回で初めてあんまりなーと思ったり。こちらの竹達の方がえむえむより良い。OP何度も聞いてたらいい曲な気がしてきた。

百花繚乱
柳生十兵衛ちゃん可愛い。というか悠木碧すげえという感想しかない。話はよく分かってない。という評価だったけど、CVあいなまの直江兼続が出てきて一気に見るのが楽しみになった。もうあいなま厨でいい。EDが地味に好き。

ヨスガ
瑛エロすぎて正直たまらんかった。始まる前全く期待してなかったけど本編も普通に面白い。しかしなんと言ってもヨスガはEDに尽きる。全てのCOTDファンはナラサキさんの素晴らしい楽曲に酔い痴れるべし。もちろんアニメファンもアイドルファンも。何気に一番メイドルートが優遇されてるよね?あとはソラルートにどれだけ尺を使ってくれるか。

イカ娘
イカ娘可愛い。

もっとToLoveる
1期もOVAも全部通して見た。ヤミと美柑だけでもご飯何杯でも行けるんだけど、最近はララも可愛い気がしてきたし、古手川も嫌いじゃないし、個人的には沙希を推していきたかったり。もう大変。今までスルーしてて申し訳なかった。

神のみ
正直ちょっとマンネリ気味。アイドル攻略話は少し引っ張りすぎな感が否めない。エルシィは可愛い。かなえちゃんマジ天使。もとい小悪魔。

アマガミ
七咲編は大変取り乱してしまったけど、りほっち編はあくまでも冷静にりほっち可愛いなぁと思いながら見てる。ところでいつ俺のみゃーは攻略されるの?

ミルキィホームズ
正直今期、禁書を抜かせば一番かもしれん。とにかく切る前に1話くらいは見るかと思ってまさかこんなにハマるとは。テンポの良さが異常だし、パロネタなども含めてとにかく制作陣は気が狂ってるとしか思えない。キャラデザで切ってる人など多いと思うけど、ぜひ3話まで見ていただきたい。バリツ!

禁書
やっぱりあわきん編にもう1話くらいは使ってほしいなーと思う。アニェーゼ編はまあこんなもんかなという感じ。まずは今週もきれいな黒子さんに期待ですな。あわきんはゆりっぺ過ぎワロタけど。大覇星祭の日常パートには期待してますよー。自分の中のハードルが高すぎて文句言ってるように聞こえるかもしれないけど、当然間違いなく今期一番楽しみにしているアニメ。

そらおと
ニンフもアストレアも可愛すぎてもう何が何だか。個人的にはシリアスパートも好きなので、ちゃんと話を進めつつバカもやりつつでいってほしい。カオスには萌えない。

パンスト
ま、普通に面白いよね。

FA
手差し伸べすぎワロタ。なんかイマイチストーリーが頭に入ってこないんだが、吸血鬼設定って必要なの?ホにぃはただのいい人なの?など、もやもやした疑問はあるけど、何となく見てしまう。

えむえむ
竹達が雑に感じてしまうのは俺妹での演技がいいからなんだろうか。美緒先輩に萌えたいと思ってるのに嵐子の方が萌えエピが多くて困る。でも緑髪の発明ロリっ子はなかなか良い。アスミス姉には期待してた程ハマれず。何となくぬるく見守っている。

今期はいくつか切って残ったのコレくらい。


ラノベ
6畳間の侵略者!?
4巻まで来た。はーちゃんと話したんだけど、この作者の人と竹井10日とこれはゾンビですか?の人の文章が最近読んだ中では苦手で、それに共通するのはエロゲのテキスト的なことであるらしい。僕はそれぞれの人がどういうゲームのテキスト書いてるのかは知らないんだけど、何となく状況の説明に終始しているような気がして、登場人物に感情移入していけない感があるというか。この6畳間や東京皇帝☆北条恋歌などはプロットは大好きなはずなのに、さらっと読んでしまって後に何も残らない感じがしてしまう。そこへ来ると僕が紛れもなく大好きな谷川流や鎌池和馬や伏見つかさはやっぱり違うなーと思ってしまう訳で。かまちーは違うけど、ハルヒや俺妹を考えると一人称小説が好きってことなのかもしれないなと思ってみたり。
ただ、話は面白いので全然読み進めるけど。静香が好きなんだけどハーレム要員じゃないからあんまり出番がないのが残念。一応ティア萌えってことになるのかなって感じだけど、まだそこまで好きなキャラはいないかも。

それ以外で今読んでるのはヘビーオブジェクトと神明解ろーどぐらすと東京皇帝☆北条恋歌。どれもちょいちょい読み進めます。MFの時代が来てる気はする。せっかくだから大ヒットアニメを出してほしいなぁ。機巧少女がその候補なんだろうけど…果たして時期も含めていつアニメ来るんですかね。

これからのアニメといえば冬も少しづつ発表されてきてるけど、大好きなニャル子に爆死臭しかしないのが悲しい。LISPもニャル子も好きなんだけど、きのことさゆさゆを無理やりオリキャラで入れるなど。というかOPにLISPは合わないと思う。まあ俺妹始まる前もこんなこと言ってたから、神アニメにはならないだけで案外普通に見れるのかもしれないけど…でも期待は低め。ゾンビも原作好きだけど同じ感じ。
それ以外も色々チェックはしてるけど、結局禁書より楽しみなアニメなどない気がする。


そういえば先月から電話をiPhoneにしました。
で、アプリなど色々試している訳だけど、個人的なレビューというか感想など。

ブラウザはapple信者の癖にsafariアンチな僕は何とかsafariを使わないで済む方法はないかと考え中なんだけど、結局safariが一番速そう。PCのブックマークなど一瞬で同期したという理由でFireFoxHomeが一応メインなんだけど、ガッツリネットをする時はどうしてもsafariになる。Operaは期待してたのに表示において全く実用に耐えなかった。AtomicLiteは何となく残してるけど特に使ってない感じ。
メールはとにかく純正のが使いづらいし、SMS/MMSもよく分からないことこの上ないので、何か方法はないかと思ってるけど別に対策無し。まあ慣れるのを待つしか。
Twitterは一応メインはTweetDeck。でも重いのがもう少し何とかなればなぁという感じ。Twittelatorも使ってたけど、無料版だとまだ公式のTwitterアプリの方が機能は上の印象。そしてその公式はインターフェースがダサい。結局TweetDeckに落ち着いた。
スケジュールはSnapCalの無料版で一応管理してる。グーグルカレンダーとの同期のしやすさでは無料アプリでは一番だったかも。基本無料だとダサいのしかないけど、これはギリ愛せるデザインだった。
あとは動画はVLCをちょいちょい使ってて、FLVが見れるのが便利。ただサイズのデカいmp4も一緒にぶち込んで見ようとしたら、とてもカクカクになってしまったので、結局それはipodで見てるし、一本化出来ないのがつらい。
最近ZumoCastを入れたのでそれでDLしてみたり。Zumoは3Gだと重すぎて使えないのが残念だけど…まあ仕方ない
2chはBB2Cに何の文句もない。もう少し画像のDLが早ければ言う事なしだけど、まあ仕方ない。wikiはWikipanionを使ってるけど、コレしかない!っていう程ではない。
音楽系ではまだ無料アプリしか使ってないのでアレだけど、BeatWaveがかなりいい感じ。色々入れたけど結局これとFingerLiteしか使ってない。Nlogのフリー版もいい感じだけど、逆に色々出来すぎてこれを使う場面がない。
あとは朗読少女とビリヤードのゲームとバーコードカノジョ辺りか。besideClockを夜中に一人で眺めてニヤニヤしたり。そんな使い方しかしてないっす。

まあアプリに関してはその都度また。
一番使うのが動画と音楽とブラウザなので、何かオススメアプリあれば教えて下さい。

身売り騒動も落ち着いた我がベイスターズだけど、村田は残ってやっぱり内川は出ていきそうな感じですね。本当に残念。
佐伯が中日に入ったのは凄く良かったと思う。もう一花咲かせてくれるのを期待してる。野中のトレードには賛成。今のままウチにいても仕方ない。
来年こそはもっと試合観に行くので頑張ってほしい。

stupid_8_beat at 02:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

November 02, 2010

beat end / jebiotto

lisp
これLISPの曲のPVなんですけどね、赤線でかこってあるの、僕なんです。


何と1月以上も更新が止まっていた訳ですが、特に理由はありません。ツイッターが便利過ぎて…でも、結局長く書きたいことを小出しにして埋もれさせているような気がしてしまったので、ブログも必要な気がして。でも、10月の間にそう思ったことはもう既に風化しているんですけどね。

とりあえず日記。
9月30日はエッグマンにOUTATBEROを観に行った。ら、sajjanuも出てた。sajjanuは大竹×Aちゃんの凄く分かりやすい感じの印象。ベロは相変わらずの良いライブ。というか安定感ある。バンドがいい状態にあるのかなーという感じがあってよい。
次の日は高円寺いっきにてつぼっちと飲む。ラギタギタやら色々交えてカオスで結局朝まで。

10月16日はネストにベルパンのライブを見に。まあやめた人間が色々言うのもアレだと思うし、少し時間も経ってしまったので書きづらい感じではあるんだけど、こんな風に見えていたんだなーというのを思って面白かった。長沼君がくだらないMCとかしてる顔とかは当然今まで一度も見たことがない訳で。僕が加入する前のベルパンではそんなに喋ってなかったような気もするし。ナオキさんは本当にちゃんとコピーをしているなぁという印象。僕の手癖の部分とか大変だろうに。その分新曲はナオキさん節…なのかはまだちょっと分からなかったけど、新曲良かった。クラッシュクラッシュのドラムを叩きながらスクリームパートを歌うのが凄く難しいことをナオキさんと分かりあえて嬉しかった。転換DJの南君のCRAWLリミックスも良かったし、行ってよかった。

23日はthreeにSTEINERとJEBIOTTO!の共同企画を見に。相変わらずthreeの音は苦手。モヤっとしてどこで音を聞いていいのかも分からない。でもライブは良かった。STEINERは結構長くなってきたと思うんだけど、不思議と貫禄というものが出てこない。理由は分からない。まあ好きなんですけど。NETWORKSは圧巻だった。あんなドラムが叩けたら楽しいんだろうなー。そうなりたいというよりもただただ憧れる感じ。面識ないけど、あのドラムの人凄く石川遼君に似てると思う。vwvwはvwvwだった。とても良い意味で。JEBIOTTOは貫禄。本当にこのバンドは大好きだ。今年1年くらいでライブを見た、本当に本当に大好きないくつかのバンドランキング上位にバシっと入ってくる感じ。アルバムも良かったし、今年はもうこれで行けるくらい。
ちなみに上記の本当に好きだと思うバンド達というのは、GROUNDCOVER、was、LUMINOUS ORANGEなど。

昨日31日は新しいバンド?のスタジオ。とあるバンドに誘って頂いてほいほい行ってドラム叩いてきた。完全に人のリフに合わせてドラムを叩くっていうのがベルパン以来で久々で。思いついたこと何でもやっていいんだーっていう感じがとても楽しかった。89secのスタジオではどうしても曲の完成形をイメージしながらなので、純粋にドラムを演奏することに集中してなかったのかもしれないと思ったり。もっと自由にジャムることが必要なのかも。どうやらライブとかもやらせてもらえそうなので色々明らかになり次第告知などします。

んで、ちょっとジェビオットのライブなどに影響を受けて少し本気を出そうと思ってさらに別の新バンドも組みました。こちらは本当に思いついたメンバーにいきなり電話かけて、バンドやろうよって話してとりあえずスタジオ決めただけ。ぶっちゃけまだどうなるか全然分からないし始動できるかどうかも分からないけど、今は凄く楽しみ。曲のネタは溜まってるので、順調にそれを形にしていけたらいいな。


アニメ
見てるのは俺妹、百花繚乱、ヨスガ、イカ娘、ToLoveる、神のみ、アマガミ、ミルキィホームズ、禁書、そらおと、FA、パンスト、えむえむで、それ町と海月姫は流し見。残りは切った。
見てる13本に関してはどれも素晴らしい出来だと思う。細かい感想はまた。とりあえずミルキィホームズが伏兵すぎた。

ラノベ
もう読みすぎてて何の話からしていいのやら。
新たに読み始めた物の中では「桐咲キセキのキセキ」が面白かった。あとは「東京皇帝☆北条恋歌」とか「六畳間の侵略者!?」とか。
禁書、ココロコ、ゾンビ、生存、まよチキ辺りの最新刊はしっかり発売日に買って読了。まよチキ最新刊は良かった。アニメ化決定ということで、頑張ってほしい。生存は次巻完結だそうで。果たしてどういう形でまとまるんだろう。楽しみ。
今は猫物語(白)を読んでる所。バサ姉頑張れ。超頑張れ。



stupid_8_beat at 01:26|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

September 29, 2010

天使にふれたよ / 桜高軽音部 (豊崎愛生, 日笠陽子, 佐藤聡美, 寿美菜子)

tv1285693417159
映画化って…何それ。とりあえず続報を待つしかない。新作やってくれたらいいなぁ…

ボアダムだなんだでアニメが実は溜まっている。ラノベは順調に買いまくっていますがその書評はまた今度として、最終回をまだ見てないものもあるけど、このランキングだけは記録しておこうと思う。


2010夏アニメの嫁ランキング。ベスト10。
あくまでも2010年夏アニメに限った物です。2クール物もその範囲内で。だからアマガミは必然的に七咲以降のヒロインは入りません。今回は個人的には大事件が起きたランキングになっています。

1.中野梓 / けいおん!!
i0151525-1284483622
律、唯を差し置いての1位です。もうこれは仕方がないと思う。けいおん2クール目はあずにゃんが完全に主人公だったし、何度あずにゃんに涙したことか。ひとつのアニメのキャラでこんなに初登場時の印象が悪かったのに、こんなに好きになったキャラは本当に初めて。今期に限れば間違いなく一番愛してる。あずにゃんペロペロ。

2.平沢唯 / けいおん!!
org1082498
マジ天使。

3.天草シノ / 生徒会役員共
ピクチャ 1
正直最終回はどうかと思ってしまったけど、その前までの期待感を煽られるシノちゃんのデレは最高だった。始まる前から役員共に期待していたものをやっと見せてくれた感でテンション最高潮になってしまった。特に学祭ラストのシノちゃんは、役員共がそういう楽しみ方をするアニメじゃないと分かっていても、どうしてもその方向に萌えてしまう。ご馳走様でした。

4.鮎沢美咲 / 会長はメイド様
hirame117936
2クールかけてじっくりとミサちゃんが落ちていく所を観察出来たのは素晴らしかった。少女漫画だし周りにあまり見てる人いなくて少し寂しかったけど、実は毎週木曜はホントに楽しみにしてた。最終回は叫びたくなるほど可愛かった会長。やっぱり碓氷さんヤバい。

5.エイラ・イルマタル・ユーティライネン / ストライクウィッチーズ2
tv1281545402301
ストパンからは当然エイラダナ。エイラは俺の嫁で、エイラの嫁はサーニャなんだけどね。サーニャの為なら何だって頑張れちゃう、大気圏だって突破しちゃうエイラがマジで大好き。今期のエイラーニャ回は紛れもない神回だったと思う。

6.橘美也 / アマガミSS
7.サルサ・トルティア / 祝福のカンパネラ
8.氷麗 / ぬらりひょんの孫
9.棚町薫 / アマガミSS
10.丸井ひとは / みつどもえ
次点:
鈿女 / セキレイ
アニエス・ブーランジュ / 祝福のカンパネラ
鈴木純 / けいおん!!
田井中律 / けいおん!!

という結果。けいおんは別として、やっぱり恋愛エピがあるキャラが好きっていう傾向は間違いなくあるなーと思う。デレデレの女の子って可愛いですよね。間違いないですよね。みゃーは今回で6位に入っているっていうことは今後のアマガミの展開次第では、来期のベスト5に入ってくる可能性充分にありだと思います。黒髪ロングの生徒会長が二人も入っているのも何だか恥ずかしいけど、好みなんだから仕方ない。大魔王でもとらドラでも会長好きだったし。あ、桜野くりむ、てめぇは違う。


もうすぐ禁書ですなぁ。五和のキャラデザがヤバかったので相当楽しみ。あわきんも可愛く描かれてるといいなぁ。アイテム…はまだまだだけど、けいおん映画とか禁書とか、とにかくまだまだアニメを見続けなければいけないということみたい。

stupid_8_beat at 03:41|PermalinkComments(12)TrackBack(1)

ボクハ更新サレマシタ-きれいなARMみっくす- / 乱崎雹霞(広橋涼)

up465300
更新サボってましたねー。
まあそこそこ忙しかったんですが。とりあえずはその辺を日記で振り返りつつ。

12日日曜は新宿motionに来来来チームの企画を見に。最初のshanti shanti shantiの途中で入場。最後の曲しか聞けなかった。モーニングスは実は結構久々。素晴らしいライブだった。今まで僕は彼らのライブを何度か見て、若手の勢いあるバンドっていう評価をしていたんだけど、もう完全にそこに留まらない貫禄を見せつけられた感じ。ちゃんとバンドをやっていればこうしてバンドはルーキーから中堅に成長していくんだな。良い意味で期待を裏切られるライブは素晴らしい。ルミナスオレンジは最前のスピーカー前で聞いてたら完全に耳が破壊された。でもその轟音に包まれる感じは嫌いじゃなかった。それぞれの音がクリアに聞こえて…っていうことは全く無かったんだけど、個人的には楽しかったライブだった。藤井さんがギターを弾いてるとやっぱりテンションが上がる。さすがの演奏。来来来はぎこちなさも含めて楽しく鑑賞。楽曲もいいし、これからが楽しみ。泰平は遅れてきたルーキーっていう感じがして、最近とてもお気に入りでもある。頑張れ。
次の日は仕事を休んで耳鼻科へ。耳鼻科と小児科が一緒になっている病院だったんだけど、幼稚園くらいの少年に僕の刺青を見られて、「ガイコツー!」と指さされて、お母さんが慌てて僕に平謝り。まあいいんですが。

16日木曜は仕事後に電話でイアンの知り合いのアイルランド人のインタビュー。ラブプラスについて熱く語る。でも、基本的にはプレイした上でディスるっていう流れになっていたかも。僕がラブプラスにはまらなかった理由といった感じ。どこかで読めるのかどうかなどは分からないです。

18日は亀戸ハードコアにてニッシーさん企画のアニソンダンパ第二弾。亀戸に降り立つのは多分初めてかな。適度に拓けていてなかなか住み良さそうな街だと思ったり。結構なアウェイ感を覚悟していたんだけど、陰核御殿のマドカが登場してからはそれなりに安心。リハ後に亀戸ブックオフを冷やかしにいったら狂乱家族日記がバッチリ揃っていたので全部で12冊購入。全て100円でした。今読んでるけどコレは凄い作品。今まで読んでいなかったのが悔やまれる。
DJとは言っても、今回はableton LIVEのチャンネルの各シーンに予めアニソンを40曲程ぶち込んでおいて、それをAPC20で演奏/切り替え。アウトをインターフェース通してアナログミキサーに通して、そこからセンドリターンでカオスパッドとDD-3をかけるという方式。色々とつなぎ方を試行錯誤してたんだけど、リハの時にハコの人に色々聞いたりしてやっと確定。エフェクトをかけるのにAUXを上げると音量が上がってしまう問題などはリターンをLINEインに返してそっちのフェーダーで調節することで解決した。ドラムに掛けるとかだったらまた違うんだろうけど、曲全体でディレイとかリバーブをかけるならこっちの方が便利だと思った。まあまだまだ素人なので頑張って勉強します。
パフォーマンス的にはどうだったんだろうなー。前半は焦りすぎて、後半はのんびりしすぎたかも。個人的ハイライトの部分でオタ芸チームが全く反応できてない曲をかけてしまったのは失敗だったかもしれないとは思ったけど、東方曲をかけておけば盛り上がるっていう安易な流れには乗りたくなかったので、まあ良いと思う。やっぱり好きな曲をかけたいしね。今回はメモって無かったのでちょっと曖昧だけどセットリスト。

1.theme of “CENCOROLL” / supercell / CENCOROLL
2.2 hundred over / エーリカ・ハルトマン(野川さくら) / ストライクウィッチーズ
3.カンペキwill / 初春飾利(豊崎愛生)&佐天涙子(伊藤かな恵) / とある科学の超電磁砲
4.フルスイング / 櫛枝実乃梨(堀江由衣) / とらドラ!
5.コンプリイト / 逢坂大河(釘宮理恵)&櫛枝実乃梨(堀江由衣)&川嶋亜美(喜多村英梨)/ とらドラ!
6.プレパレード-post parade mix- / 逢坂大河(釘宮理恵)&櫛枝実乃梨(堀江由衣)&川嶋亜美(喜多村英梨)/ とらドラ!
7.なのです☆ / 羽入(堀江由衣) / ひぐらしのなく頃に
8.もってけ!セーラーふく-青春orzmix- / 泉こなた(平野綾)&柊かがみ(加藤英美里)&柊つかさ(福原香織)&高良みゆき(遠藤綾) / らき☆すた
9.もってけ!セーラーふく / 泉こなた(平野綾)&柊かがみ(加藤英美里)&柊つかさ(福原香織)&高良みゆき(遠藤綾) / らき☆すた
10.なんてったって伝説 / 泉こなた(平野綾)&柊かがみ(加藤英美里)&柊つかさ(福原香織)&高良みゆき(遠藤綾) / らき☆すた
11.君の知らない物語 / supercell / 化物語
12.帰り道 / 八九寺真宵(加藤英美里) / 化物語
13.恋愛サーキュレーション / 千石撫子(花澤香菜) / 化物語
14.超妻賢母宣言 / MOSAIC.WAV / 狂乱家族日記
15.狂乱戦記 〜日常ノ神サマ〜-萌えは狂気!REMIX!- / 乱崎凶華(藤村歩) / 狂乱家族日記
16.ボクハ更新サレマシタ-きれいなARMみっくす- / 乱崎雹霞(広橋涼) / 狂乱家族日記

中盤はちょっとフロアに媚びてしまったのが反省かな…という感じ。
打ち上げではアニメの話とロックの話が入り乱れて楽しかった。オタ芸の人々とも伊藤静姉さんの話で盛り上がって多少打ち解けたりして楽しかった。どんどん良いパフォーマンスをできるようにしていきたいので、宜しくお願いします。

19日は大学時代の友人のなっちゃんの結婚パーティーで横浜。久しぶりに会う同級生達は皆ゴルファーになっていた。真剣に皆結婚すんの早いと思うんだけど…と考えながらもマブさんと結局ラノベとアニメの話をして終わる。あの人はやはり師匠感に満ち溢れている。

23日は品川ステラボールにてLISPのデビューイベント、はじまりすぷに参戦。ふぁみりすぷで当選の証拠メールのプリントアウトもカンペキで、とりあえず抽選開始が13時だっていうんで13時に行ったら凄い土砂降りの豪雨。いきなりテンションダダ下がりながらも、数十分並んでやっと抽選。そして整理番号6番をゲット。1700人招待のイベントでまさかの一桁でテンションが今度は急上昇。色々あって最前列を無事にキープしてLISPを堪能した。スフィアライブの噂を聞いて戦々恐々としていた声優イベントだったけど、そんなに激しいモッシュなどもなく、かなり平和に見ていた感じ。アイドルグループのイベントっていうものに行くのがほぼ初めてなので、あんまり偉そうなことは言えないけど、やっぱりキノコとさゆさゆに比べてアスミスのできる子っぷりが目立ってしまっていたような気がする。ちゃんと場を仕切れる実力を持っているのがアスミスだけというか、他の二人にも期待してたんだけど、今のところは僕にとっては引き立て役でしか無かった。ライブが多分口パクだったのはまあ良しとしてなんだけど、PVの撮影が面白かった。何度も何度もタオルを振らされて、正直もう振りは完璧である。LISPのあなたにVacuum!〜ちょいかため〜という曲のPVが出たらライブ会場の観客の中から僕を探して下さい。
終演後は一緒に行ったはーちゃんとtwitterで知り合った声優関係の師匠のmarchofthegodさんとアキバに繰り出して飲む。なかなかに有意義な日だった。イエス!アスミス!

2526日は東京ボアダムin東大。去年は当然six o'minusで参加した訳だけど、今年は当然出演はなくてスタッフで参加。二日間ともステージ付きのPA補助として実は本当に全バンドのライブを見た。二日間色んなことがあったんだけど、まとめきれないので箇条書きで。
・一日目1バンド目の撃鉄にステージ周り皆ビビリまくり、どこに登ってもいいように完璧なスタンバイ。結果、事無きを得る。あの判断は適切だった。
・プラハ素晴らしかった!今までで一番良かった。
・miscornerはただただ感動。こんな音楽を作れる人になりたいと思う。
・GROUNDCOVER.はまさかのbury the sunで、ゆーきゃんさんのステージのセッティングを放り出して見に行く。相変わらず最高だった。
・ドラびでおさんはとても気さく。裏からシステムを覗けたのは貴重な経験だった。
・VELOCITYUTとにかく最高だった。思わずTシャツを購入。
・久土'N'茶谷、KIRIHITOなどの大御所にビビリまくる俺。でも早川さんに救われる。
・割礼、深い音に酔った。
・ヨルズは3人になって滅茶苦茶カッコよくなっていた。今までもやばかったけど更にヤバい。
・SUPER DUMBの大人たちはやんちゃだった。けど、その分ライブも素晴らしかった。思わず仕事を放棄してフロアへ。
・HBは圧巻
・デラシネは超久々。相変わらず盛り上がっていたが、相当序盤で機材を載せていたスタンドの足が折れ、僕はずっとそれを支え続けるというライブ。
・アランスミシーはライブを見るとヒサツネさんって凄い人なんだなと再認識する。
・and young...ではボアズ石原君にフロアで絡まれまくる。最終的にはステージダイブしてきた石原君を一人で受け止めて膝を強打。
・ふくろ。さすがのディッキー。
・タコボンズは今まで見たタコボンズで一番良かった。
・非常階段は衝撃的だった。初めてライブを生で見たんだけど、JOJOさんは本当にエンターテイナーだった。ずっとステージセキュリティをやっていたんだけど、汗だくでもみくちゃにされながら、きっと大事なことはつかみとれたはずだと思う。僕の横でおっぱいも何も振り乱してキチガイのように叫びながら最後はステージダイブで運ばれていった、結構可愛い女の子が印象的だった。ていうか役得だった。

人のライブを見ているとどうにも刺激を受けてしまう。まして自分が出られないもどかしさもあって、本当に悔しい想いを噛み締めながら見てた。近いうちには絶対にちゃんとあのシーンに戻りたいと思った。頑張ります。

アニメ関係はけいおん見てから余力があったら更新する予定。

stupid_8_beat at 01:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

September 12, 2010

直直去 / 盪在空中

1283681423432
今期の2大生徒会長ですね。


日記に残す程の日々を送っていない訳ですが。


今週の月曜は青山のマスタリングスタジオにて盪在空中のアルバムのマスタリング。
盪在空中は台湾の友人、頼Qのバンドでsix o'minusが昨年台北でライブやった時にも共演したり、台湾のsix o'minusのライブでは何度もギターを弾いてもらったり。
盪在空中がレコーディングをしてることは昨年から知ってたんだけど、マスタリングをどうしてもやりたいスタジオが日本であるということで相談に乗って、スタジオとも話して、僕が立ち会って全ての決定権を持つっていう流れでやらせてもらったという流れ。
ミックス終わりの音源を貰って何度も聞いてメールや電話でやりとりをしてっていう中で段々自分の中でもこういう風にやっていこうっていうのが固まって来た感じで、結果としてはとても良い物が出来たと思う。
あとはこれを日本でどうにかして売れないかなーと目論んでいるので、それができた暁にはぜひ聞いて頂きたい。

火曜は職場の上司の木村君と二人で飲みに行って色々愚痴りあったり、金曜は深沢の嫁の舞ちゃんと弟のこうたと飲みに行ったり。何気に今週は飲む機会が多かった。
来週はまた仕事週だが、週末にはDJをやります。

2010.9.18(sat) 亀戸ハードコア
"ニッシーナイト!ロックギグ&アニソンダンパ" vol.2
act / URBANフェチ, 陰核御殿, IRIKO(福岡), どっとこ(アニソンカバーバンド)
DJ / DJライトノベル(ex-six o'minus), ニッシー, etc...
OPEN / START 18:00
ADV 1500 / DOOR 2000
亀戸ハードコア
http://www.kameido-hardcore.com/

僕の持ち時間は最初です!なので、もし来てくれる方は18時から来て下さい。今回は前回と違ってもう少しDJらしいことできないかなと思って、色々考えました。前はCDとCDJだったんですが、今回はLIVEを使おうと思います。あとこの為にカオスパッドを買ったんでちょっと使ってみようかなと。色々練習してるけど、なかなかちゃんと使おうとすると難しいですなー。まあ頑張ります。


ラノベ
まよチキ!4巻まで読了。
面白い!奏お嬢様が可愛い。腹黒萌えにはたまらないキャラだと思う。スバル様とかも可愛いし、マサムネも相当いい感じなんだけど、ここからの展開も楽しみ。新ジャンル黒デレ。
男装の美少女執事と腹黒お嬢様とツインテツンデレと、それなんてれでぃ×ばとな設定ではあるけど、れでぃ×ばとより面白いと思う。

さくら荘のペットな彼女3巻読了。
ましろちゃんがいまいち好きになれないのが残念かな。3巻で出てきたリタ×龍之介の展開はとても良いと思ったけど、話の中心はましろちゃんだし、そっちの方がもっと面白くなればいい。美咲×仁は次巻で何らかの展開があるんだろうけど、どうなるんでしょうねー。

バカとテストと召喚獣8巻読了
当然の流れで姫路無双。美波はライバルなので出てくるんだけど、俺の工藤さんの出番がちょっとなさすぎやしませんかと。基本的にはAクラスの人間だし、.5巻要員なのは分かってるんだけど、そろそろムッツリーニとの仲にも進展が欲しいところだから、僕は次回の8.5ないし9.5巻を待ち望んでいます。

今は空色パンデミック3巻を読んでる所。相変わらずややこしい。


アニメ
狂乱家族日記
今さらながら完走した。これは素晴らしいアニメだと思う!何で今まで見ていなかったのかが不思議でならない。凶華様可愛い。
アニメ後半では地味に平塚雷鳥と千花が好きな自分に気付いてみたりもしたけど、基本的には凶華様のチート感にやられまくってる。一気に好きなキャラランキングに変動が訪れているかも。
原作読んでみようかどうか迷ってるんだけど、結構長いんだよね…まあその内に。

けいおん!!
どんどん切なさみたいなのを演出してきてるのは卑怯。あずにゃんは来年どうするんだろう。きららの方は終わったらしいので、とにかく来週の最終回を刮目。

ストライクウィッチーズ2
まるちゃんことマルセイユ登場ということで、テンション上がった。エーリカ回ってなかなかないから普段と雰囲気違って良かったかな。その前の週が王道の宮リネッペリ回だったりで、もちろんそれはストパンの基本だと思うんだけど、やっぱりそれ以外のキャラにスポットが当たる回は記憶に残りやすいってのはあると思う。エイラーニャとかシャッキーニはその好例。とかいいつつ、EMT!
最近はキャラソンだドラマCDだに手を出して、どんどん深みにはまっているストパン。僕はいらん子中隊の続刊も期待してますよ!

生徒会役員共
この瞬間を待ってた!というくらい素晴らしい会長デレだった。もちろん付き合ったりとかっていう展開まではいかないんだろうけど、最終話まで残り僅か、デレデレのシノちゃんがもっと見たい。

スクデッド
ちょっと先輩無双過ぎるのでは…と思わないでもない。もっとビッチに光を当てて欲しい。

セキレイ
ウズメ死んじゃったなー…悲しい。しかもオリ展開らしいじゃないですか。月海株と妹株がストップ高。

オカ学
さてどうまとめるのやら…と思ってたら、次回予告でマヤが死んでた。来週は見逃せない。

カンパネラ
ご都合主義でも面白ければそれで良い。とりあえずアバ兄が一方通行さんにしか見えない。アブリル可愛い。でも最強はサルサ。これは揺るがない。

アマガミ
予想通り紗江ちゃん編はそこまでの破壊力は無し。紗江ちゃんが可愛いというよりは紳士の変態ぶりを笑う編だと思う。まあそれはそれで良い。

メイド様
相変わらずのあの食いしん坊のウザさが鼻につく。でも焦る碓氷さんはそれはそれで良い。もう何だろうと碓氷さんがカッコよければよい。

みつどもえ
面白いんだけど自分の中ではもう結構空気。二期もまあ見るけど。

ぬらりひょん
今週のまだ見てない。ちょっと遅れ気味。

オオカミさん
今週のまだ見てない。ちょっと遅れ気味。


そろそろ来期の話もぼちぼち出てきだしているけど、個人的に注目してるのは禁書、俺妹、そらおと、イカ娘、えむえむあたり。どうなんだろ?ってのが神のみ、ヨスガ、百花繚乱、ざくろ、それ町、パンストって感じ。ToLOVEるは見た方がいいんでしょうか?一期見てないんだけど。


で、ラブプラスですよ。イアンにインタビューさせてくれって言われて、軽はずみにOKしたのが記事になったようです。メトロポリス。本文中にしっかりとTaisuke Endo, a Loveplus fan devoted to the bookish character Rinkoとして出ています。
宜しければ読んで下さい。久々にリンコに会うか…
http://metropolis.co.jp/arts/pop-life/loveplus/



stupid_8_beat at 01:36|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

August 30, 2010

Worldwide Love / supercell

kyog_ha104
来年のカレンダー決まりました。これは反則だろ。欲しいに決まってる。

読了したラノベ感想文。短めに。

ストライクウィッチーズ-スオムスいらん子中隊恋する-
ストライクウィッチーズ-スオムスいらん子中隊はじける-
シリーズ2巻と3巻も読み終わった。ジュゼッピーナェ…。ギンギンの百合にはもう慣れたけど、それでもびっくりする展開が多い。智子は順調にハーレムを築いていってるし、もうアホネンのこと悪く言う資格ないだろ。501の方でエイラがサーニャに手を出して〜みたいな話なんて全然生易しかった。
ビューリングたんにも恋してはじけて欲しいと思うけど、2009年発売予定の4巻はいつ出るんだろうなぁ。ハルヒといいいらん子といい、スニーカーはちゃんと出すっつったら出せ。乙女の巻も読んだ方がいいんだろうか。きっと読んでしまう気がする。

これはゾンビですか?2巻
文体の苦手さ加減は変わってない。話は面白いと思う。ハルナとかユーよりも断然セラが好きだったんだけど、デレたハルナはそれはそれで良い。元々僕のバカ萌え心は相当くすぐられているので、キャラ萌え的な意味では割と大満足。トモノリも相当可愛い。早く続き読もうっと。

さくら荘のペットな彼女1巻
うーん、どうなんだろうなぁっていう感じ。ましろちゃんがちょっとポンコツ過ぎて引いたのもあるし、ましろちゃんがちょっと凄すぎて引いたっていうのもある。というか、ましろちゃんと先輩の凄い描写が凄すぎて全然リアリティがなくて萌えられない。先輩が別の男好きなのもなんかイヤ。いや、仁さん自体は別に嫌いなキャラって訳じゃないんだけど、やっぱりハーレムが好きなんだよなー。WORKING!!とかだと別に佐藤さんと八千代のカップリングとか全然アリなんだけど、ハーレムじゃないと嫌なものと、そうじゃないものの差ってどこにあるんだろう?とか考えたり。まあ浴衣のましろちゃんはきっと可愛い。2巻は読むか迷い中。

今はツァラトゥストラへの階段の1巻を読んでる途中。扉の外と同じくパズル系なんだけど、この2つの世界はつながってないのかな?パルスの概念が理解できてないまま何となく読み進めちゃってるけど、それはそれとして舞ちゃん可愛い。


9月18日に亀戸ハードコアというハコでDJやります。
陰核御殿とか出る模様。以前7月にアースダムであったニッシーさん企画の第二弾。もうすっかりレギュラーDJですね。
今回はターンテーブルだった前回と違って、ableton LIVEをがっつり使ってみようかなと思ってます。色々とエフェクトのかけ方だったりを練習中なのでぜひ見に来て下さい。勿論アニソンです。あとはボカロ系を少々。
今迷ってることがあって、この週末に、はーちゃん家でLIVE合宿を催して色々機材のセッティングとかを試しながらやってたんだけど、その中で涼宮ハルヒの消失の主題歌の優しい忘却を長回しでかけて、後がけのディレイで段々ノイズを増していって、っていうミックスをしたりしてたんですよ。個人的には相当カッコいいものができたっていう実感があったんですけど、これはもう優しい忘却を普通に聞きたいアニメファンには怒られるんだろうなーとも同時に思って。
お前の自己満足リミックスなんかより茅原実里の歌聴かせろや!って、やっぱり思うんでしょうかね。僕が客ならそう思いそうだなとも思ったり。まあ、結論はぜひ亀戸ハードコアに聴きに来て下さい。
ハードコア。って凄い店名ですよね。

stupid_8_beat at 05:24|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

August 24, 2010

Tokyo Dub / Killer Bong

5345
ラノベ感想文。

ここのところ色々読んでるのが溜りに溜まっているので一気にまとめて。

とある魔術の禁書目録21巻
ロシア編っていつ終わるんだろう。後書きにもあったようにこれは次巻までで一編ということらしいので、まあ静かにそれを待つ感じかな。美琴の見せ場に期待してたんだけど、それは次巻にあるんですよね?

這いよれ!ニャル子さん5巻
相変わらず好きだなー。TVアニメ化も決定ということで、多分冬なのかな?今から大変に楽しみ。ドラマCD聞きすぎて全ての台詞が完璧にアスミスで再生できるぜ。ニャル子ウザ可愛いよニャル子。でも、最近はクー子も好きだ。ただ、ハス太だけは誰得だと思い続けてる。昨今の萌え業界の男の娘ブームには異を唱えていきたい僕なのである。

扉の外3巻
え?これで終わりなの?っていう感でいっぱい。全部の謎が解き明かされきる必要は確かにないと思うけど、さすがにこれでは読後感があまりにすっきりしない。ツァラトゥストラの階段も1巻だけは買ってあるんだけど、取り掛かるのが結構先になってしまいそうだ。でも、白身魚先生のイラストがある本は全部買っていこうと決めたので読むけどね。今いち女子キャラに萌えきれなくてもめげない。

末代まで3巻
ずーっと、何だか微妙だなと思いながら1巻2巻と読んできたんだけど、3巻で決定的に分かった。この人の文章が苦手。ストーリー自体は悪くないと思うし、各巻ともに終盤の盛り上がりの所なんかは結構手に汗握る感じで読めるんだけど、情景描写があまり頭に入って来ないというか、誰の台詞なのか誰の行動なのかがよーく考えながらじゃないと分からない感じが惜しい。まあ単に僕の脳味噌がイカれてるだけかもしれないけど、その辺が何とかなればなー。お岩さんは可愛いのに。

これはゾンビですか?1巻
読みづらい。その後貸したはーちゃんはそんなこと無かったらしいけど、これはまだイマイチだなー。キャラ萌えもそこまでいききらない感じだし。まあまだ1巻読んだだけで設定が頭に入りきっていないのもあるとは思う。不条理に感じている部分に入り込んでいければ或いは面白いのかもしれん。2巻も買って読まずにはーちゃんに貸してしまったけど、返って来たらちゃんと読む。

いちばんうしろの大魔王10巻
惰性で読んでいると言えば惰性で読んでいるんだけど、ただ今回は淑恵の見せ場があったので良しとしたい。今巻から登場のドジっ娘メイドは本当に誰得だと思うけど、好きなキャラの可愛いシーンがあればそれだけで楽しめてしまうのが僕。ただ…ずっと、本当にずっと言い続けていることではあるんだけど、会 長 は ?今回なんて生徒会三役中心の話があったにも関わらずこの出番の少なさ。まあそこで会長が出てきてしまうと会長回になってしまうというのは分かるんだけど。いつかきっとデレデレの会長が見れることを祈っている。
そしてドラマCD聞いた。ドラマパートと合間にキャラソンが4曲挟まるという形式で、まあ学園をドタバタしながら4人のヒロイン一人一人にスポットを当ててキャラソン…という流れ。え、4人?そう、ここでもまさかの会長外し。まあ、もう製作陣というか作者の中では会長はハーレム要員ではないんだろうなぁ。広橋のキャラソン聞きたかったのに。悲しい。CDに関してはドラマキャラソン共にころね無双だった印象。

藤宮十貴子は懐かない4巻読了
前述の末代までと並んでこちらも読みづらいというか、文章が苦手。内容もまあそれ程面白いとは言えないというか、3巻の感想の時にも書いたんだけどとにかく主人公の天馬君がカッコよくないので感情移入しづらい。妙に地の文が思わせぶりすぎるのも鼻について、正直この話がどうなっていこうと、十貴子が世界一の魔法使いになれようとなれまいと、空子が何を企んでいようと割と興味ないって感じ。でもドMツンデレの十貴子は素晴らしいものだと思うので読む。まあ読み始めてしまったものは仕方がない。貴重な挿絵使って天馬とかマジで誰得だからやめてくれ。

ストライクウィッチーズ -スオムスいらん子中隊がんばる-
ストパンの書籍類に手を出したら終わりだと思ってたんだけど、エイラーニャの感動に耐えきれずに買ってしまった。だってみんなスレで俺の知らないウィッチ達の話してるんだもん。こうなったら漫画版の方ははーちゃんにでも買わせて…と企んでいる。とりあえず1巻読んだ感じだと、僕はエリザベス・ビューリングちゃん!と言った感じ。しかしTVアニメ版の501に比べてこちらはより百合百合だった。ハルカのガチレズっぷりには多少引かないでもないが、まあこれはこれで…ということで、2巻3巻も行ってきます。あ、後書きというか付録の世界観の説明とかが面白かったなー。やっぱり奥が深いなと単純に思う。あと、島田フミカネ氏の画集は俄然欲しくなってしまった。

まよチキ1巻
すいませんでした。こんなに面白いとは思っていませんでした。どうせひらがな4文字系のタイトルの作品にろくなのねぇんだよ。あ、とらドラは別な!まあ、あれはカタカナ入ってるしな。そういやまよチキもカタカナ入ってるけど、まああらすじ読んだ限りダメそう。そう思っていた時期が僕にもありました。ひらがな2文字+カタカナ2文字は名作の法則ですね。わかります。とりあえずスバル可愛いなぁ。K-BOOKSで安く売ってたから買ってみたって感じだけど、これは続刊にもすぐに行くと思う。ちょっと格闘描写が長すぎるとは思うけど、それは続刊の方ではなくなってるといいなぁ。あくまでもラブコメが見たい。期待。

最近買ってまだ手つけてないのが
ツァラトゥストラへの階段とさくら荘のペットな彼女の2つ。どちらもチラっと読んで暫く置いておくこと決定。優先順位をこれはゾンビですか2巻とストパン2、3巻に置いていく方針。まよチキはちょくちょく探していこう。

気になってるリスト
電波女と青春男
東京皇帝☆北条恋歌
ダンタリアンの書架
ふぁみまっ!
六畳間の侵略者!
この辺読んでる方いますか?とりあえず今月末のバカテスと来月末のココロコネクトの為に生きていこうと思う日々。

アニメ
あそびにいくヨが本当に面白い!とりあえずOPが大好きだ。スフィアの曲もさることながら、映像のまごうことなき90年代臭。アオイと真奈美がすっと顔を上げるシーンのワクワクする感じとかは世代の問題もあるのかもしれないけど、結構分かってくれる人多いと思うんだけどな。いちばんうしろの大魔王のOPもそうだったんだけど、ああいうアニメのOPらしいアニメのOPはやっぱいいなと思う。そういえばあれもスフィアだった。
本編もちょっと古いギャグとシリアスのバランスも悪くないと思うし、そうそうこうでなくっちゃという展開をきちんとしてくれるのは見てて安心できる。そういう種類の作品もいいと思うんだ。キャラデザ的に特に誰萌えとかないけど、しいて言えば真奈美がもっと積極的に行けばいいなと。その期待は裏切られないはず。楽しみにしてる。

あくまで僕個人の印象だけど、島宇宙がどうだのはどうでもいいんですけど、「w」付きで知らない人に対して茶化すような言い方っていうのは単純に失礼だと思うし、僕は余り好きではないです。あっちが先でもそれはそれ。乗っちゃったら負けでしょう。それが自分の好きなバンドの尊敬すべき先輩達だったりするから悲しい。あなた方が日々やっていることを僕はとても尊敬して慕っているのに。相手の人がどうかなんて本当にどうでもよくて、そんな訳のわからん人間を相手にしないで欲しい。というのは流石に身勝手なのかな。まあ、そういう意味では僕が一番その相手の人を馬鹿にしているとも言えるけども。どうしても何かを言わなければいけないと感じたなら言い方ってものもあると思う。その点何人かの人のツイートには好感も持てたけど。なんて、自分もスルースキルの無さを露呈してみたり。

最近のけいおん!!は瀧エリと純ちゃんの為にみてる。こういうのを何というんだっけ、確か、ハマり過ぎて訳が分からなくなっている状態。だと思う。

stupid_8_beat at 01:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0)
archives
coments