July 11, 2012

rappa natta / six o'minus

9391efdb
結局また思い出しブログになっている訳だが。
前回の更新から1ヶ月だけど、色々あったので記しておきます。

6/13
深夜から野方のzotでGROUNDCOVER.プリプロ録り。パニスマ吉田さんをエンジニアに迎えての、まあ練習REC的なことだったんだけど、これが予想以上に難航。朝方までセッティングをしていたような印象で、そんなにテイク数叩いてないので疲れはしなかったけど、精神的に結構来た感じ。結果的には次に繋がる録音だったのではないかと思う。

6/15
仕事の後に秋葉原で片山さんと待ち合わせて飲んだ。当然主に今後のTOO DRUNK☆TO NERDの話。少なくとも暫くは今の形で続けていきたいなと思っている。ゲストを一人呼んで、その人と向き合ってみるっていうテーマで、アニソン/DJっていうフォーマットには乗っているものの、もう一歩違った味のアニメ関連イベントとして成長していけたらいいなと。踊ることはなかなか難しいイベントかもしれないけど、話すことはしやすいと思うし、実現できたら面白いアイデアも色々出ているので、今後遊びに来てくれる人が増えたらいいなと思っている。

6/16
CAUCUSで代官山晴れたら空に豆まいてでライブ。ブルースターズナイトで、青森のEARTH EARTHのレコ発を兼ねて…だったのかな?ブルスタは以前にもコーカスで出演してて、レギュラー陣にも知った顔は結構いるんだけど、一応DJを名乗っていながらクラブイベントというもの全体に対して斜めから見ているようなところのある僕でもとっつきやすいイベントな印象。バンドでの活動をしている人が多いのが理由なのかな。CAUCUSに入ってからはcryvやテキサスパンダなど、six o'minusで活動していた頃に関わりのあったようなバンドとまた絡む機会もできたりして楽しい。
アースアースは何となくイメージであまり良くない意味でのゆるいギターポップだという先入観を持っていたんだけどとんでもない、カッコいいロックバンドであった。まずメンバーがちゃんと化粧してるのがいい。で、楽屋でそれを見てちょっと混乱して色々音を想像してたんだけど、チャイニーズロックのカバーで全てが合点がいった感じ。ちょっとなかなかここまでクラシカルかつカッコいいバンドって最近は見ないなーというくらい良かった。ベースの人のテンションなども含めて。ぜひ、STEINER辺りと一緒にやる機会があったらいいなー。きっと、そのイベントは70年代NYの訳の分からない音楽のるつぼ感みたいなものを再現できる可能性があるんじゃないだろうか。懐古的であることはそれだけでいいことではないけれど、懐古的であることそれ自体は悪いことではないはずだと思った。
我々のライブはそこそこだったかな。CAUCUSは最近良くも悪くもそれなりにまとめたライブができるようになってきた気がする。野球に例えると7回3失点で勝ち投手という感じ。良くも悪くも。

6/22
風邪を引いた。仕事を早退し、薬屋でとにかく一番早く熱が下がる薬をくれと言って、それ飲んで家でできるだけ寝てから、深夜24時頃に秋葉原MOGRAへ。楽しみにしていたOUT OF DOTS。Go-qualiaが目当てだったんだけど、それ以外の人も良かった。ただ、やはり体調が悪く、現地であった風呂君などに挨拶もそこそこに59さんのライブの少し後にモグラ離脱。したら近くのローソンの前に59さんが居て、もう緊張してしまって話しかけようかどうしようか…と慌てふためいていたのだが、結局はお疲れ様でした。と声をかけるのが精一杯だった。自分のコミュ障っぷりに悲しくなりながら徒歩で鶯谷に帰宅。

6/23
翌23日は昼前から池袋で大学時代の後輩の翼、あきこちゃん、ありさちゃんと一緒にスタジオに入る。次の日の翼とあきこちゃんの結婚パーティーでのライブの練習。ハイスタのコピーバンド。とにかく早いドラムが叩けなくなってて焦る。
その後GROUNDCOVER.で中野ヘビーシックゼロでのライブ。db-boxのミヤタケさんにお誘いをもらったイベントだったんだけど、楽しかったなぁ。やっぱり中野ヘビーシック好きだ。db-boxも素晴らしかったし、美川さんのライブも圧倒的だった。我々も狭いステージでどうやるかっていう課題はあったものの、きっちりとやることをやりきったライブができたと思う。
打ち上げに赤倉が来たりしつつ中野で暫く飲んで、その後僕は海へ向かったのだった。

6/24
夕方からは件の結婚パーティー。音響的にかなりきつかったけどライブもきちんとやれたし、ビール券もビンゴで当てたし、良いパーティーだったのでは。二次会にだらだら出てたらそのまま朝まで飲んでしまった。

6/30
東高円寺二万電圧にてFragileの東京レコ発にCAUCUSで出演。結局バタバタしてて対バンは殆ど見れなかったなー。ちらっと見た感じではworst tasteが妙にオシャレな新曲を披露していた印象。Fragileは大阪で5月に対バンした時も思ったけど、良いバンドになってきてる。ただ、こんぼいには話したし、imamonにも同じことを感じるんだけど、ここからどっちに行くのかな…というのが気になったかも。大きなお世話だと思われてると思うけど。僕としてはその2つのバンドには妙にアンダーグラウンドに浸かるんじゃなくて、もっと上の階層でやっていくのも悪くないんじゃないかなと感じたり。結局僕自身はそこから離れた人間なので、余計に思うのかもしれないけれども。
打ち上げは満州王だったけど、東京ボアダム会議が同時開催だったためにあまり落ち着いて飲めず。でもボアダムおっさんブースの話はそれはそれで楽しかった。

7/1
第三回めのbury the sunで吉祥寺GOK SOUND。
見に来てくれた方々、出演してくれたバンドの方々に本当に感謝。いいイベントだったと胸を張って言える。深沢を口実にするとこれだけの面白い人達が集まるんだよ。そしてそれに引かれて深沢のこと知らない人たちまで集まってくるんだよ。これは凄いことだよ。と、いうのが僕の感想です。
GROUNDCOVER.もSUBTERRANEANSSも良いライブができたと思う。GROUNDCOVER.は最早恒例?のsix o'minusのカバー、bury the sunを演奏。久しぶりに叩いたあのこれ以上ないくらいシンプルな8ビートはとても気持ちが良かった。SUBTERRANEANSSの1曲目もsix o'minusのカバーだけど、こちらは音源化されていなかった曲。月見ルでのライブの録音音源からサブテラメンバーに曲を覚えてもらって演奏。仮タイトルはファイル名によるとdawn of...またはdawn of something。確か曲名がダサいから変えたいと僕が思っていた曲。今の、サブテラニアンズのマインドで演奏すると凄くしっくり来た気がした。
正も負も色んな感情が入り交じってぐしゃぐしゃな感じで過ごして、吉祥寺の居酒屋で打ち上げして、何故か高円寺の成都に移動してまた朝まで飲んで、もんでんくんの秘密を聴いたりして、あー、この感じだよなって、それはもしかしたら幻想みたいに都合のいい自分勝手な記憶の操作なのかもしれないけど、多分そうなんだけど、とても楽しい夜だった。

7/7
SUBTERRANEANSSのライブで秋葉原グッドマン。この日はfeat.現実として、どうしても出演できなかった善部の代わりに現実をギターに迎えて演奏。どういう風にやるか、考えていなかった訳ではなかったんだけど、直前のスタジオなどに思うように入れなかった影響もあって、割りと投げっぱなしな感じでのライブ。詰めきっていなかった部分の粗さはライブでも出たと思うけど、現実はよくやってくれたし、悪いライブではなかったと思う。
今後はちょっとどういう形に固まるのか、正直現時点では未定というか、考えがまとまっていないのだけど、少なくとも現実も巻き込んでサブテラニアンズの音楽を形作っていくようにできればいいなと考えている。
Kyu-shokuは何だか以前にグランカで対バンした時とは随分違った印象だったけど、それは凄く良い方向の変化だったように思う。シジマも懐かしいなーなんて思って聴いていたんだけど、何と言ってもbandlessがヤバかった。ああいうライブをできる大人に、いつになったらなれるのかがさっぱり僕には分からない。bandlessとやるのは楽しみにしてたんだけど、その期待を何段階も上に裏切られた感じ。頑張らなきゃ。

7/9
新宿ロフトにてDJLiGHT_NoVeLのライブ。いつものクラブイベントと違って、ライブで呼ばれるときちんとセッティングできる幸せを噛み締める。今回もPCとAPC20と持ち込みのミキサーからカオスパッド2台とリバーブとグライコのセット。最近はグライコ強化月間で、色々と効果的に使う方法を試しているんだけど、それが上手く行った瞬間が何回かあって楽しかった。
ただ、バンドと一緒にやる時の難しさで、僕のプレイ中にフロアでセッティング中のふくろがずっとサウンドチェックをしていて、殆ど僕の演奏が掻き消されていた。主催のロフト望月くんとも話していたんだけど、この場合別にふくろは悪くなくて、僕もDJがいても転換DJなら遠慮無く音出しするし、ただ、それなら別にライブやらずにこっちは転換BGMに徹するけどなーと。その辺の伝達の単純なことだけど、ツーカーでとはいかない辺りにやっぱり難しさを感じたり。でも、誰も聞こえてなかったとしても俺のプレイはかなり会心の出来だったぜ。だから良しとする。
ちなみに、ふくろのライブは滅茶苦茶カッコ良かった。素敵滅法だった。ので、僕の機嫌も治ってロフトで気持よく飲んで帰ったのだった。


今月の俺企画の告知はコレ!

TOO DRUNK☆TO NERD Vol.2
7月27日(金)高円寺居酒屋いっき
START 21:00
入場無料(要オーダー)

<DJ>
DJ LiGHT_NoVeL(SUBTERRANEANSS/GROUNDCOVER./CAUCUS)
DJモグ@イ(SPACE KUNG-FU MAN)

<ゲストDJ>
蓮尾理之(385/ex-School Food Punishment)

<ロゴデザイン>
ハジメガネ(BP./On Button Down/SPACE KUNG-FU MAN)

<タイムテーブル>
第一部
21:00-21:50 DJモグ@イ
21:50-22:40 蓮尾理之
22:40-23:30 DJLiGHT_NoVeL

第二部
23:30-朝
お兄ちゃん…あたし、お兄ちゃんが喜んでくれるんだったら、朝までずっとゆるくアニソンとかかけるから、一緒にアニメの話とか沢山しよっ?今回は次の日が土曜日だし、お兄ちゃんは朝までずーっと付き合ってくれるよね?タイム

<About>
6月に開催されたVol.1が一部で好評を博した、DJ LiGHT_NoVeLとDJモグ@イの共同主
催による“TOO DRUNK☆TO NERD”の第二回開催が早くも決定!!
高円寺駅北口から徒歩2分圏内に位置する落ち着く居酒屋いっきが、今回もただのア
ニソン居酒屋へとトランスフォーム!!
今回は東のエデン、C、UN-GOで先鋭的なロック・サウンドがアニメ・ファンの注目を集
めつつも、先月解散となってしまったSchool Food Punishmentより蓮尾理之(Key)を
ゲストに招き、第1部は当然アニソン縛りの限定セットでスピンしてもらいます!!
もちろん、前回好評だった何でもアリの第2部もお楽しみにねっ。
還りたい場所(いっき)がある!

http://tweetvite.com/event/2d2n2


宜しくです。

stupid_8_beat at 03:12│Comments(6)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

ex-stupid:rappa natta / six o'minus
2. Posted by longchamp Sac pochette en cuir Occasion - Tres bon etat   May 17, 2014 22:18
ex-stupid:rappa natta / six o'minus
3. Posted by spy zoe sunglasses   May 23, 2014 19:50
ex-stupid:rappa natta / six o'minus
4. Posted by maroquinerie longchamp   May 24, 2014 20:21
ex-stupid:rappa natta / six o'minus
5. Posted by forfait saint francois longchamp   May 31, 2014 06:56
ex-stupid:rappa natta / six o'minus
6. Posted by lunettes de soleil oakley   May 31, 2014 12:17
ex-stupid:rappa natta / six o'minus

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
archives
coments